Toruトップ  >  空手の技術体系  >  はじめに・礼


□ はじめに

  これは、私が学んでいる新極真空手の稽古内容についてのページです。
  新極真空手の公式なページという訳ではなく、あくまでも自分個人の稽古のためのメモ的に整理したものであります。
 新極真空手を会得するためには、入門して体を動かしてみて、実際に体験することが大切です。
 ※ 掲載されている文書・画像などの無断使用・無断転載を禁じます。

□ 礼

 ○ 道場の先輩、仲間に限らず、日頃の社会、家庭生活でも礼儀は
  大変重要です。 極真空手では、礼儀を重要視します。
 ○ 礼の方法は、お互いに「押忍」(おす)と言い、
  腕で十字を切って、上半身を折り曲げて、礼をします。
 ○ 礼は立ってする場合と座ってする場合があります。
  ・ 立つ場合の立ち方は、「不動立ち」。
  ・ 座る場合は、正座する。(膝の間に拳がはさまるくらいの幅をとる)
  ・ 座る手順は、右足から折る。立つ場合は、左足から。
 ○ 道場に入ったら、また、稽古が始まる前と終わった後に、
  先輩から順に「押忍」と礼をします。
                次へ