Toruトップ > マラニックトップ 
2014年(平成26年)7月27日(日) 14.82km 2時間16分
 宮の森〜桑園〜北9条通り〜東区斜め通り〜北18条東19丁目で断念→西に走り家へ。
  本日は雨の予報で、外を走れないと思ったが、午前中は雨が止んでいるので、降られてもいいや!と、思い切って走りに行くことに。地図を見ると東区のななめ通りが北西方向に曲線を描きながら丘珠方面に伸びている。これは恐らく古い道だろうということで、家から走ってみることに。
 北7条東5丁目あたりの古い酒屋さんから斜めに道を入ると、そこは斜め通りである。
 走るとすぐに看板があった。札幌でも歴史を感じる道がある。ラッキー!看板から引用すると次の通り。

【道の呼称の変遷】
 通称ななめ通りの正式名称は、「篠路線」及び「道道花畦札幌線」といい、当初は石狩街道あるいは茨戸街道と呼ばれていた。明治21年に創成川沿いの石狩街道が開通すると旧道と呼ばれ、幹線の役割を新道に譲った。しかし、開拓当初は人々の生命線であった。
【道の起点の変遷】
 維新前は、現在の北6条東1丁目が起点で、早山清太郎が出雲の神を祭っており、その後、島判官が帰郷の時(1880年)同地に立てた北海道開拓3神を奉祭した一の御宮(現:北海道神宮)がありました。1887年帝国製麻会社工場が設立された時、現在の北7条西3丁目が道の起点になりました。

【ゆかりの人物伝】早山清太郎(1817〜1907)
 磐城国白河郡米村(現:西郷村)の米作農家三男として生まれ、農家を嫌って1852年松前藩福山城修復の人夫として蝦夷にわたる。漁・商・伐採業では成らず、1852年に琴似のケシネベツ(現在の山の手付近)に入植、農作に高成果を上げる。特に1858年自費開墾の水田からとれた玄米七升を幕府に献上し、石狩地方の初産米功労者として奨励金を下賜される。翌1859年に琴似川(旧)とフシコサッポロ川の合流地点(現:篠路)に移住し、開墾を行う。
 1869年開拓使設置後、開拓使御用達となり、開拓使掌として札幌神社の御宮地選定及び開墾新道新川諸係を命じられる。
 1873年村民らを率いて、フシコサッポロ川に沿う篠路札幌間の貧弱な小道(ななめ通り)を開削し、翌年私財を持って篠路・茨戸間を開拓した。その後1880年に道幅を5間に拡張する。生涯で25本の道を開削するなど札幌地方開拓の先駆者であった。

 その次に、大覚寺(曹洞宗)の山門を訪問。看板やネットによると、次の通り。札幌でも歴史のあるお寺がある。

【本村街道と大覚寺の山門】
 札幌市の中心部から元村〜丘珠〜篠路を経て茨戸に至る元村街道は、もとは鹿の群れなどが通るけもの道であった。幕末に大友亀太郎により開削され、明治以降は札幌本府から石狩に至る唯一の陸路として発展した。明治中期に帝国製麻工場ができてから街道沿いに商店街が立ち並び賑わいを見せた。大覚寺のヤチダモの大木は街道を行く人々の目印となっていた。境内には大正時代に建てられた道内でも最大級の山門がある。

 次に走っていくと、またお寺が見えてきた日蓮宗の「本龍寺」。ネットで調べると札幌最古の神社仏閣だという。初代開拓使の島義勇判官と大友亀太郎が祀られている霊場。大友亀太郎は、本龍寺の一角に村の鎮守として「妙見堂」(1868年)を建立。堂内には目病を患った大友に対し快癒を祈って贈ったという「妙見大菩薩像」が安置されているという。
 
 その後、北上したが雨が降ってきたので、北18条東15丁目近辺で、本日は取りやめ、家に帰った。今度時間があるときに、起点の北7条東3丁目から茨戸川まで走ろう。
 ↓レトロな酒屋
 
 ↓斜め通りに入る場所
 
 
 
 ↓大覚寺
 
 
 ↓本龍寺
 
 
 
 
 
Toruトップ > マラニックトップ