Toruトップ > マラニックトップ 
2014年(平成26年)12月14日(日) 6.6km 1時間35分
 三角山〜大倉山〜荒井山
  好天に誘われて、近場の山に走って登ることに。いつもの三角山から大倉山。
 青空と積もったばかりの雪、遠くに見える手稲山や百松沢山、そして札幌の街並みが綺麗でした。
 そして、今日は夏はマムシ注意の看板が怖くて登れない荒井山にも登ってきました。

 荒井山は、宮様スキー発祥の地で、年表が書いてありました。
 このスキー場は、昭和4年に高松宮殿下がノルウエイの選手のスキーをご覧になった歴史ある地なのだ。以下、転載。

荒井山市民スキー場の記録
昭和三年 秩父宮殿下,三角山スキー場で北大スキー部の大会をご覧になる
昭和四年 高松宮殿下,荒井山でノルウェイ選手の演技をご覧になる
昭和四年 ノルウェイ,ベルセット氏の指導
昭和四年 広田戸七郎氏設計・木造40m級シャンツェを建設 荒井山記念シャンツェと命名
昭和五年 第一回,宮様キー大会が荒井山会場で開催される
昭和六年 第二回開催、以降は各種スキー大会の会場となり、札幌市民スキー場として昭和五十年代まで大変にぎわう
昭和二十七年 スキーリフトの設置,道内第一号を大竹氏により設置される
昭和三十五年 夜間照明設備完成,三菱電機協賛により寄附される
昭和四十七年 土地は札幌市によって買収される
平成十二年 スキーリフトの休止となる
平成十五年 荒井山シャンツエ三度目の大改修(K点55、K点25mスモールヒル)

荒井山の地名:荒井山の土地所有者、荒井保吉氏による
宮の森の地名:秩父宮、高松宮両殿下の来道を記念して昭和十八年制定

 平成十七年十月建立 荒井山スキー場記念碑建設期成会 会長 達田春吉

 
 
 
 
 
 
 
 
Toruトップ > マラニックトップ