Toruトップ >  登山メニュー >マラニック    

マラニック小樽


平成27年2月20日(金)   

約11km 約2時間半
ウイングベイ小樽〜奥沢〜松ケ枝〜旭展望台(190m)〜小樽駅前〜ウイングベイ小樽
  
  冬休みをいただき、晴天に誘われて、吉方位の小樽へ走ることに。
 歴史ある建造物と、旭展望台では素晴らしい景色を堪能。 
   一軒目に、岡川薬局を通りかかる。昭和5年築だそうだ。看板によると小樽で有数の薬種売薬の老舗。本薬局は信香町から奥沢につながる道路に面して建ち、小樽の市街地として早くから開かれたところ。木造モルタル塗り2階建てにマンサード屋根をかけ、ドーマ(屋根)窓を設けて屋根裏も使用。工期2年のうち基礎工事に1年。昭和初期の代表的な建築。
   
 次に小樽、石狩秘境100選に掲載されていたタマヤナギ=北野ウオール街資料館を訪問するが、中に入る勇気はなかった。 
 
   
次にお寺を2つ訪問。門が立派な曹洞宗正法寺と、高台の上にある 日蓮宗の妙龍寺。妙龍寺から旭展望台へ。緩やかな登りの車道をしばらく走ると絶景の展望台頂上へ。ここは191mで、ある意味山頂なので、山のカテゴリーもいれよう。ここから塩谷方面にも道路が続いており、今度夏にでも走ろう。
   
 
 
 
  
   
   
 次にカトリック富岡教会を訪問。クリスチャンではないが、美しい教会だ。昭和4年建築だそうだ。ホームページから概要を転載。
 
 小樽におけるカトリックの布教は明治15年に始まり、数度の聖堂建設を経て昭和3年現在地に起工し、翌年6月30日に献堂式を挙げました。
 正面玄関部の尖塔アーチから十字架を掲げた八角小塔にいたる上昇感を強調した建物で、外観は主にゴシック様式を取り入れています。2階にある礼拝堂には、色ガラスを組み合わせたアーチ窓から柔らかな光が入り、神聖な空間となっています。
 大丸で小樽名物「あんかけ焼きそば」を食べて、マイカル小樽に向かう。
   

登山メニューに戻る   マラニックに戻る