Toruトップ  >マラニック   

マラニック(中之島〜豊平川右岸〜真駒内川〜平岸街道(石切山)〜豊平川左岸)

平成27年9月20日(日) 22km 3時間20分(9時頃スタート)
     
 シルバーウイークの前半の土日は天気も悪い予報でどこにもいく予定がないが、今日は雨が降らなそうなので、南区方面に歴史を感じるランニングに出かける。北海道マラソン後、ランニングの練習量も減り、少し太ってきたので、良い練習の機会だ。
 地下鉄で中之島駅まで行き、豊平川の右岸を上流に向かって、真駒内公園を通って、真駒内川を上流に走る。途中、真駒内本町のところに渡船場跡(説明別途)の説明があった。今日は歴史に触れる幸先が良い。真駒内公園を通って真駒内川沿いを走っていくと、エドウィンダンの牧夫の銅像(説明別途)があり、道路を挟んだ向かい側には蛇塚・龍神(説明別途)の祠がある。真駒内川の横の歩道をさらに走っていくと、国道230号線へ伸びる平岸街道・石切山街道への分岐に出る。そこを下っていくと石切山の碑(説明別途)があり、そこから少し走ると石切山駅跡である。その建物の後ろの道路がおそらく定山渓鉄道の鉄路跡だったのだろうと推測しながら走る。
 国道230号線にぶつかり、札幌市内方面に向かう。豊平川の今度は左岸を走ることにする。この川沿いの道は初めてであり、あまり人も走っていない。しばらく走り藻南公園のところに大きな岩があり、そこだけは川沿いの道がなく、気が鬱蒼と茂っていて暗い。ここは花魁淵(説明別途)といって、昔花魁の若い娘が身を投げた淵だそうだ。五輪大橋のところで川沿いの道がなくなったので、国道230号線を通り家まで帰る。
 
 「渡船場跡」昭和9年に藻岩橋が架橋されるまでの、渡船場があったところです。大正初期まで現在の藻岩橋のところにあった渡舟場(馬の渡舟場)が洪水で使用不能となったてめ、この地に移設したものです。
  
 エドウインダン氏は、明治6年開拓使が米国に求めた家畜を輸送して来日してから引き続き、その命?を受けて北海道農業指導の任に当たり、明治8年以来北海道にあって、七飯牧場、真駒内種牛場、新冠種馬場、札幌牧羊場などを開設してその経営に当たり、家畜の飼育、牧草、甜菜、亜麻などの栽培、土地の改良、畜力農具の使用、畜産物の加工などあらゆる新技術を実地に伝えた。北海道はその基礎の上に栄えたのである。
 明治15年任期満了後も日本に止まり、昭和6年84歳で長逝されるまで我が国の外交、産業、文化の発展のために全生涯を捧げられた。その恩澤は永遠に忘れるべからざるものである。
 今その偉大なる功績を永遠に伝えんがためにこの像を建立する。
 昭和39年10月 エドウイン・ダン顕彰会
 
 その縁をたずねると、そもそもの始めは取水口近くにあった蛇塚がもと。この蛇塚の由来は、古くからあったというだけでようとしてわからない。
 明治12年に牧牛場がこの疎水を開削した当時、この辺は鬱蒼たる原始林に覆われ、真駒内川の蛇行点に大きな淵ができており、そのそばに蛇塚があったという。
 明治の後半になって平岸、美園、白石方面に水田が普及して来、この水源を利用する農家十数戸で水利組合を結成して、種畜場の了解を得て用水を利用していた。
 この人々の間に淵の主として竜神信仰があり、雨乞いの風習もあったという。 
 大正4年5月、蛇塚に竜神の碑と祠が建立され、爾来竜神塚として信仰を集め、毎年春の水門開きと秋の水落とし例祭が関係者によって執り行われていた。
 昭和47年真駒内団地の開発の中で駒岡に移され、時の流れとともに祠も傾き、人々に忘れられていたものを元の場所近くに移そうと平成2年7月10日、真駒内川流域に竜神塚を建立する発起人会を発足させ、かつて先輩たちの生命を守り、産業の発展を支えた水の守り神として、皆様方のご賛同のもとに平成2年8月12日新しい祠を建立し、「真駒内竜神塚をお守りする会」を設立。真駒内の年中行事として、平成3年9月1日、「竜神祭」を復活させ現在に至っている。  平成4年8月吉日 真駒内竜神塚をお守りする会
 
1871年(明治4年) 米国人ケプロンに同行したワーフィールド・アンチセルが札幌周辺の地質調査を行う。
1874年(明治7年) 石材採掘はじまる
1875年(明治8年) 開拓使に軟石を納める
1878年(明治11年) 開拓使本庁舎に軟石を使用
1881年(明治14年) 札幌豊平館の建造に約3,000切の軟石を使用
1909年(明治42年) 石山、札幌間に馬車鉄道敷設され、主に石材を使用
1933年(昭和8年) 軟石の共同発売所を設立
1962年(昭和37年) 札幌軟石組合で、チェンソー式採堀機を導入
1975年(昭和50年)頃まで、石山採掘場で採掘を行っていた。  
   
  
 
 おいらん淵<二つ説明版があったので二つ転載>
(一つ目)
 このあたりは明治の頃、クマザサがうっそうと生い茂り、豊平川は曲がりくねり、急に深くなっていた。吉原遊郭から身請けされて札幌に来た一人の花魁が世をはかなんでこの淵に身を投げたという伝説にちなみ、おいらん淵とよばれるようになった。由来についてはいろいろ説があり、事実は定かではないが、札幌では数少ない伝説にちなむ地名である。
(二つ目)
 北海道開拓の後世、明治の末頃から対岸の岩山と崖下の水面を花魁淵と呼んでいる。曾てこの淵は、豊平川の川辺の中で流れが静かでもっとも水量があり、瀞をなしていた。ここを眺望する場所に通ずる八垂別街道(今の石山通の延長)も、この付近になると人里を離れて訪れるひとも稀であったという。
 明治の末頃、内地(本州)から移住した一人の女性が、気候風土の異なる北海道を愉しまず、望郷の念禁じ難き淋しさが募って淵に身を投じた。短く哀しい一生を終えんとする装いは花魁の華やかな衣裳で身を着飾り断崖絶壁を暫し眺めてこの淵に沈んでいった。
 伝説的に語り継がれて世に「おいらんぶち」と名付けたのは、いとも往時を偲ぶ実感がこもっている。
マラニックに戻る