Toruトップ  >マラニック      

マラニック

平成29年2月11日(土)
長沼温泉〜長沼神社〜長沼市街〜長沼温泉
(約8km)
 
 長沼に水汲みに行ったついでに、長沼の市街をランニング。
        
 長沼神社の隣には、土地改良区の碑があったが、ここにも先人の開拓の礎が記されていた。

 【概要】
 明治22年長沼南部地区に入植した中野軍助氏が、遠く配田内川より引水して、籾2俵の収穫をあげたのが長沼町水稲耕作の初めである。これより沢水を利用造田していたが、当時の先覚者高木悌次郎氏ら有志は千歳川沿岸の一帯の系統的水利を企画し、道庁に用水路開墾の意見書を提出した機が熟せず。
 時は越えて明治45年、千歳川に水利権を求め、造田化の建議案を村議会に提出、村は調査にあたったが、全道稀有の凶作に遭遇し、一旦とん挫。しかし地力の減耗は畑作終了の漸減となり、畑作物の価格暴落に反し、一般物価が高騰し農家経済を圧迫し、堅実なる農家組織の根本的確立にせまられ、大正9年牧野善之助外3氏が発起人となり、道庁に調査設計を依頼した結果、大正11年12月に南長沼土功組合が創建された。
 基幹工事は大正14年着工、幾多の困難を乗り越え、昭和3年完了。初通水したものの、水量が少なく灌漑できた土地は800haにすぎず、直ちに計画変更し、揚水機場を新設し、多量の水を1,800haまでに追加補給できるようになったのが昭和5年。
 昭和25年南長沼土地改良区に名称変更し、以後、干拓開発を続け、今日では4,300haに躍進した。
  
      
   
   
   
 
 
マラニックに戻る