Toruトップ >  登山メニュー 

手稲山(途中まで)

平成27年10月31日(土)行動は単独、手稲ヒュッテ泊(サイ、チョー、コン、マリッカ、ヒロポン、リンゴ、おだやん)

 1037 家
 1129 上手稲神社
 1220 手稲インターチェンジ
 1237 手稲本町市民の森ピーク
 1325 テイネオリンピア
 1400 手稲ハイランドロープウエー

 手稲山の中腹にある手稲パラダイスヒュッテに山仲間と泊まるため、家から走って手稲山に向かう。今回は北尾根ではなく、舗装道路を登る。時間があったので、手稲山山頂、またはネオパラ山を目指すが、山の上は雪が多く、トレランシューズでは困難であり、あきらめてヒュッテに向かう。

 ヒュッテ内には、昔のシャンツェなど山の歴史にあふれていた。そして、鍋と美味しいビールが待っていた。夜は更けていくのであった。
  以下、北大のページから引用。

 日本最古の我が国最古のスキー小屋"パラダイスヒュッテ"が再建されました。 北大山とスキーの会を始め北大スキー部関係者等多数のかたの浄財を得て手稲の広葉樹林内に再建されました。再建後北海道大学に寄付され学生部の所管となりました。管理運営および小屋番は北大山とスキーの会により行われております。
  
    
   
   
 
 
   
   

登山メニューに戻る   マラニックに戻る