Toruトップ >  登山メニュー >マラニック     

三菱山(482m)、奥三角山(354m)、大倉山(307m)
三角山(311m)

平成28年5月1日(日) 単独   

11.4km 3時間04分 
ばんけい「妙福寺」〜三菱山(11:51)〜奥三角山(13:20)〜大倉山(13:38)〜三角山(13:56)〜家
   
 11時くらいまで、盤渓のアンフィニグランドで息子のサッカー試合を観戦後、妙福寺で水を汲み、そこで置いてもらって走りに行く。当初は、藻岩山を登ろうと考えたが、方角も悪いのと、三菱山(ばんけいスキー場の山)も札幌市民の森からしばらく登ったことがなかったので、方針転換する。
 ばんけい市民の森から三菱山に登るのは2009年以来である。頂上直下は雪があったが、ランニングシューズで少し雪に埋もれながら登っていく。頂上からは南方面の展望が広がる。頂上から盤渓スキー場横の取り付け道路を走って降りる。
 盤渓スキー場でおにぎりを食べた後、盤渓墓地横道路から小別沢に抜ける道路を通って、奥三角山に登っていく。この道を逆に走るのは初めてだ。途中、少し早いがフキを取りながら登っていく。奥三角山の頂上には先客が2名いた。この山の頂上周辺の樹木が刈りはらわれており、展望が良くなっている。
 奥三角山北部の急斜面を下り、いつも走っている大倉山・三角山の縦走路から家に帰る。
    
  
   
 
 
 
 
 
 ↑三菱山からの展望
   
 ↑スキー場道路の雪道 ↑盤渓から小別沢への道の入口
   
 ↑お地蔵さんもどき ↑廃屋らしきもの
   
 
 ↑奥三角山からの展望
   
 
 

登山メニューに戻る   マラニックに戻る