Toruトップ >  登山メニュー  

仁頃山(829m)

平成28年9月24日(土) 単独(東尾根〜奥新道)

0911 東尾根登山口
0925 東尾根分岐
0939 東尾根取つき
1016 東カンバ街道
1101 頂上
1150 下山(川沿い)
1217 駐車場
   
 9月23日(金)は北見在住の長男の用務で北見入り。25日(日)は網走マラソンが控えているので、24日(土)は自由行動で久々の登山へ。
 北見から比較的近く、簡単に登れる仁頃山に向かう。登山のガイドブックを忘れたので、ネット情報だけを頼りに、富里湖奥の登山口に向かう。
 東尾根登山口近くに車を停めて、歩き始める。前を歩いていたご年配のお姉さまに追いつくと、地元の仁頃山愛好会のメンバーだという。東尾根コースが約6kmと遠いが、一番山の雰囲気を味わうことができるということで、東尾根コースに向かう。しかし、東新道との分岐から急激な下りをしばらく歩くと東尾根にとりつく。
 まあ、それでもどんどん高度を稼ぐと稜線沿にでて、傾斜が緩くなる。そこは「東カンバ街道」。ダケカンバの白い幹、緑の葉、そして青い空のコントラストが綺麗だ。 
 稜線をしばらく歩くと、鉄塔が立ち並ぶ頂上に到着。頂上からは北見の街、裏側には仁頃市街の田園風景が広がる。
 頂上は虫がうるさいのと、お昼には早いので、早々に下山する。当初は西尾根コースを行こうと思ったが、距離優先で奥新道を降る。1時間もかからずに、下の川に出て、川を下って駐車場に到着。
  駐車場でお湯を沸かして昼食後、北見のポン湯温泉でひとっプロ浴びて、北見に帰りました。

(追伸)
 この山は、地元の仁頃山愛好会の手で、笹狩り、看板設置など整備が行き届いており、感謝感激です。
    
   
 
   
   
   
   
 
 
 
 
 

登山メニューに戻る