Toruトップ >  登山メニュー  

盤渓山(604m)

平成29年3月13日(日) 単独

0845 ばんけいスキー場前
1005 山頂
1055 登山口
(幌見峠)
1215 家(約15km・行動時間約3時間半)
   
  昨日のバーサロペット45kmの疲れが残っているが、絶好の快晴で登山日和なので、盤渓山に登り、家まで走って(歩いて)帰ることにする。
 この山は、2010年の2月に登って以来で久々。盤渓スキー場まで車で送ってもらい、そこから南区方面に走り、新しいトンネル前で妙福寺へ続く道に入る。そこからしばらく登り、妙福寺手前から踏み跡に入る。踏み跡に入ってすぐ、スノーシューを脱いでいるオジサンと会話になり、オジサンさんから「あんた、奥手稲山行くの?」と聞かれ、「いやとんでもない。盤渓山日帰りです」と答えたところ、ここから春香山、百松沢山、烏帽子山などに、スノーシューで行けるそうだ。機会があれば行ってみたいものだ。
 踏み跡は結構スノーシューで入っているようで、ツボ脚(スノトレ)でも何でもない。登りが続き天気も良いので、結構汗をかきながら登る。頂上直下の樹木に「三菱山林」という赤い古い看板がある。盤渓スキー場の山は三菱山だし、この辺は三菱財閥の所有だったのだろうか。そうこうしているうちに、あっというまに頂上に到着。頂上には学生らしき3人組と男性と自分だけだ。
 青空の快晴の元、絶景が広がる。札幌市内、日本海が綺麗に見える。山としては、近くには藻岩山、手稲山、砥石山、百松沢、烏帽子岳、南にはフッズスキー場などが見える。そして、遠くには、増毛・樺戸山塊、夕張山系がくっきりと見える。
 しばらく絶景を楽しんでから下ると、先に下っていた学生らしき3人組が、途中で分岐している踏み跡、恐らく砥石山方面に歩いて行った。自分は日帰りの軽装なので、来た道を戻り、幌見峠から家に帰りました。
 結局、15kmも歩き・走ったことになり、少々疲れました。   
   
   
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

登山メニューに戻る