Toruトップ > マラソントップ  
平成27年(2015年)6月7日(日)
第33回千歳JALマラソン(フル)
        今回    2013
 0〜 5km 0:36:43 (0:30:46)
 5〜10km 0:26:31 (0:30:15)
10〜15km 0:28:35 (0:27:42)
15〜20km 0:28:06 (0:28:44)
20〜25km 0:29:28 (0:30:25)
25〜30km 0:29:38 (0:30:25)
30〜35km 0:33:04 (0:34:02)
35〜40km 0:35:11 (0:36:35)
40〜GOAL 0:14:58 (0:16:27)
記録 4:22:18(ネットタイム4:18:42)

【参考】
 2014 4:44:00
 2013 4:31:24
 2012 4:11:28 
  
 本年初のフルマラソンである。しかし、昨日、近所の友達とバーベキューをやり、またしてもしこたま飲んでしまったの、例によって二日酔いで大会に参戦。
 しかも、最近は裸足ランニングやサンダルランニングの練習が主体だったので練習距離が稼げていない。そうしたことから、今日は初めてビブラムファイブフィンガーズでフルマラソンにチャレンジ。
 このマラソンのスタートは例によって、大渋滞。今年もスタート地点を過ぎるまでに4分もかかった。例によってJALのお姉さんたちをパチリ。スタートしてからもペースは遅くイライラ。時折道路わきを使いながら抜いていく。この状態が10km位まで続く。ファイブフィンガーズの足裏も好調だ。
 そういえば、今回は初めて「ホッカイドウ競馬」のPRサインを背中に付けてランニング。PR効果があったのかどうかはわからない。声を掛けてくれたのは、知り合いの一人だけ。
 15kmを過ぎて人がすいてきたが、今度は自分が疲れてきた。ビブラムの靴もやはり初めての長距離で踵下がないという微妙なところで、脹脛から下からが異常に痛くなってきた。
 さらに、ここ数日の練習不足と暴飲暴食により、スタミナ的にきつくなってきた。折り返しからは下りなのだが、キロ6分のペースがやっと。そして35kmの壁で急速にペースダウン。最後は歩かないことだけを念頭にヘロヘロになりながらゴール。
 4時間は切れなかったが、この大会としてはこの3年間で一番のタイム。これから続く、美瑛ヘルシーや奥尻ムーンライトのよい練習になったと思う。
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
 

Toruトップに戻る     マラソンのトップに戻る