Toruトップ > マラソントップ   
平成28年(2016年)9月25日(日)
第2回 網走マラソン(フル)
        ラップ
 0〜 5km 0:29:35
 5〜10km 0:28:21
10〜15km 0:29:08
15〜20km 0:26:34
20〜25km 0:28:02
25〜30km 0:28:16
30〜35km 0:29:18
35〜40km 0:28:11

記録 3:5845(ネットタイム3:57:53)
種目順位 62位/342位   
 今回は網走まで遠征してのフルマラソンである。前日まで北見の息子のアパートに滞在。前日も酒を若干飲んでしまったが、体調は良好。北海道マラソン後の練習も積んでいるが、体重は相変わらず減っていない。
 網走刑務所がスタート地点であるが、東京農業大学全学応援部の応援イベントに感動する。自分はCブロックで結構の前の方であり、スタート後すぐにスタートラインを過ぎる。
 網走の市街を走って、能取半島の西側を北上する。海が非常にきれいである。海の向こうに、羅臼岳など知床半島が綺麗に見える。この半島の道は、微妙にアップダウンがありきつい。
 そうこうするうちに、能取岬に到着。牧草地と牛、灯台が美しすぎである。しかし、ここも灯台まで下り道で引き返しは、きつい登りであった。灯台から道道に戻って美岬ラインを走ると能取湖を右手に見ながら走る。ここも美しい景色である。
 この辺で25kmを超えたが、5km30分を切っているいいペースであり、これはもしかしたら4時間を切れるのではないかと思い、少し頑張って走る。
 しかし、能取漁港に入る前の内陸・二見ケ岡に入って引き返すコースが、これまた、登りでキツイ。ここを何とかやり越し、能取漁港を過ぎ、最後は網走サイクリングロードに入る。これまた半島を横断することから、登りなのである。
 そして能取湖から網走湖に入り、最終局面である。35kmを過ぎていつもならがっくりとペースが落ちるのだが、骨盤の上に上半身と頭が乗るように姿勢を矯正すると、足が何とか動く。
 ゴールは大曲園地を一周するが、これまた長い。最後はヒマワリが咲き乱れる中、ゴールしました。
 
  今回は、サブフォーも達成でき、美しい景色と、地元食材のエイドも堪能し、素晴らしい大会であった。
   
   
美しいアラブの王女ランナー   
   
 東京農大応援部  
   
 オホーツク総合振興局 カニ汁 
   
  知床半島 
   
 ワイナイナと  
   
 
 
 
 
   
   
  
   
   
   
 
 
   

Toruトップに戻る     マラソンのトップに戻る