Toruトップ  > 太氣拳


意拳・大成拳創始人「王薌齋伝」
 意拳論(その一) 

序文
 站樁は意拳の基本功
である。樁法は、行、站、座、臥に分かれている。站樁をおこなう目的は内勁を養うことにある。内勁がどの程度に達したら力を発揮できるといえば、それは実際の結果を検証しなければならない。本文は站樁の効果を要約して述べ、愛好者の参考に供したい。

 内勁は、外力として瞬発させてこそ初めて、拳術の訓練の真の効果をおさめることができる。拳術に長じる者は努力を惜しんではならない四形は内勁を外力として爆発させる際の、最も適当な形式である。ゆえに站樁の効果を述べると同時に四形について簡単な説明を添えたいと思う。

 意拳は特殊な拳学である。学というからには理論の根拠がなければならない力学理論の根拠に関しては、別のところで論述したことがあるので、ここでは省略する。学ぶ者に意拳の学術の源を明確にさせたいと欲するならば、哲理のよりどころについて論述する必要があるように思える。この文は、もともと「意拳論」の一部分であった。当時、私について拳を習った人々が確かに理解したのであろうか。「意拳論」を出版するに当たって、その一部分を抜き出してみることにした。これは私の私欲からではなく、いい加減なことを言いたくないからである。私を理解している人には心配性だと言われているかもしれないが、理解しない人は、私が何を求めているかというであろう。                                             王薌齋

                     1959年冬 天津の寓居にて

 

樁功の境地

 樁功に際しては、三つの境地に到達しなければならない。体で会得するようになって初めて功夫を身に付けたといえる。境地とは、樁功の際の心理的な状態と生理的な状態を指していう。心理的なものは生理に作用を及ぼし、生理的なものは心理に作用を及ぼす。両者はお互いに関わり合いを持っている。

 清末の学者・王国維先生は次のようにいっている。「おしなべて成功した者はみな三種の境地を経験している。

 一に曰く、彼女を想うあまり衣や帯は次第にゆるまり、憔悴するほど痩せてしまうが、決して後悔はしない。

 二に曰く、昨夜の西風は碧樹の葉を落としたが、ひとり高楼に登って天涯の道を望む。

 三に曰く、家に彼女を尋ねること千回に及び、日暮れに返り見れば、その人は灯火の灯る欄干にいる。」

 拳を習うということも、まさにこのようなものである。

 
樁功の第一の境地とは、心理的にいって「後悔」しないことである。学ぶ者は確固たる信念を持ち、百牛を挽くがのような決心をかためることである。生理的にいえば、百日持続すれば感じるものがある。三、四年堅持すれば四肢に膨張感を感じ、手足が暖かくなり鉛を注いだような感覚が持てるようになる。四肢の陰面(前側)は比較的早く感じ、陽面(後ろ側)が感じるようになるのは比較的に難しく、時間もかかる。四肢の陰陽両面にすべて鉛が注がれたような感覚があれば、効果が期待でき、そうした境地に到達すれば、功を学び始めてもよい

 樁功の第二の境地は、心理的にいって「天涯の道を望む」であって、天下の拳道の妙を信じ、ただ自分だけが最高であって、他家にはない、と信じることである。樁功を五、六年持続すれば、両耳が膨張し、眉や鼻梁の内部になにか鼓動するものを感じ、頭が紐で吊るされたように首筋がまっすぐに伸び、頭皮は膨張し、髭や髪の毛がピンと張り、岩が頭を圧しているような感じがするようになる。これが即ち「頭直頂硬の功」である。同時に上肢の感覚は次第に臀部や下腹部に及んでくる。ここに至れば四肢にだんだんと毎日よい感覚がでてくる。こうした境地に到達すれば、自然の趣は満ち溢れてくる。しかし、この段階では力が発する源が腰や背中にあるのではなく、腕先の機械的な力でしかない。
 
 樁功の第三の境地は、心理的にいえば「自分の練習のレベルを感じて、本能の活力は蛇に似ている。意識はどっしりとして、イメージ(意念)は静か、手指の動作は自然である」精神は荘厳、意は静、指をはじいて手を振り、まさに天の声である。振り返って再度見れば、十年らい各法の訓練をしてきたが、それは履き古した靴のようなもので、ドブに捨てても惜しくはない。初歩の訓練は真の悟りである。生理的にいえば、十年前後持続すれば、腰や背に膨張感が感じるようになる。この種の感覚は各臓腑に達し、全身が鋳物のようになる。体には鉛が注がれ、筋肉が一塊になったようで、歩を進めれば、泥道を行くよう。腰や背は牛のようである。こうして始めて技撃の素質が備わったというものである。
 
 以上述べた年数に関しては、すべて私自身の体験から得たものである。人によってはやや長くかかるか、または短くてすむ。これは個人の天賦と功力によってきまるものである。かつて、文正公は「事業の成就は素質が三分、勤勉・奮闘が七分である」といったが、これは偽りではない。学ぶ者は努力が肝要である。
 
 樁功を長時間持続しても効果が現れないのは、姿勢が正しくないか、または心理的なものが生理に副作用を及ぼしているか、さもなければ生理的なもの心理に作用を及ぼしているかのいずれかである。このようなときは、その道の先達に教えを乞うことである。決して独りよがりになってはならない。これは非常に大切でる。
 
 また、樁功をすすめるさいに、一式にこだわってはならず、毎日各式を交互にすすめるとよい。それと同時に站樁
臥樁をどちらも堅持することである。生理的な機能を調節する作用があるからである。各式の法はすべて内勁を培うものであるが、それぞれ異なる効果をもっている(ゆえに樁功で治療にあたるときは、患者の病気にもとづいて式を決めるとよい)。もしも一式を固持すれば、技撃の角度からいって偏ってしまうから、注意しなければならない。樁功は毎日一時間から一時間半おこなうのが適当である。一日の樁功の時間は、錬功全体の時間の三分の二がよく、三分の一は試力に用いるとよい。これは私の経験からいっているのであって、こうするのが適当である。樁功が意拳の基本功であるからである。

四形について
 樁功によって、「体が鋳物の如く、体に鉛を注いだ如く、筋肉が一塊の如く、毛髪が戟の如く」の境地、つまり「四如」(四つの如く)の境地に到達したら、始めて拳に語れるようになる。拳とは何か?拳とは力を奮い起こすことである。局部の方法ではない。昔、私は『舞相』(舞い姿)と題する詩を詠んだ。

 身が動き 浪が舞い 意力 水面を行く
 龍が遊び 白鶴が戯れ 迂回は蛇の驚くに似る
 筋肉に勁力を含め 神あれば骨に杼を起こし
 風雲 華月を吐き 豪気 長虹を貫く


 詩中の「揮浪」、「游龍」、「白鶴」、「驚蛇」は、すべて拳のフォームである。拳の舞は、すなわち「健舞」または「武舞」という。隋や唐の時代には、健舞がすこぶる盛んで、それは養生術でもあり、技撃法でもあった。武人が習っただけでなく、文人や学者も多数の人が習っていたが、その後すたれてしまった。近世になって、拳学家の黄慕樵先生が長年拳術にたずさわってこられた体得にもとづき、さらに敦煌の唐人壁画に描かれた人物や陶俑の舞姿を参考にされ、健舞の幾つかのフォームを編み出した。北伐戦争のころ、私は南方に遊んだが、准南の地で、黄慕樵にお会いする機会を得て、健舞の教えを受け、その真意をつかむことができたが、その秘訣をものにするまでには至らなかった。かつて私について拳を習った者に伝授したが、健舞の妙をものにしたものはわずか十余人にすぎない。

 健舞を習うにさいしての先決条件は、「四如」の境地に到達しているかどうかである。つまり、「体が鋳物の如く、体に鉛を注いだ如く、筋肉が一塊の如く、毛髪が戟の如く」になっているかどうかである。こうした条件を満たしていなければうまく踊ることはできない。たとえ舞ったとしても、単に四肢を振り動かしているにすぎない。かつて私は「勁は自分の体の中に潜み、力は形骸の外に現れる」といったことがある。站樁によって四つの境地に到達すると、内勁は備わってくる。この種の内勁をどのように爆発させ、外力と化し、技撃の効果をあげるかは、四形がもっとも適当な形式といえる。

 四形の舞法は、形小曲功の法則にもとづいている。練習時には、いつでも仮想の敵をイメージし、かまえの姿勢をとる。指と手首にひねりを加え、指を曲げて爪を立て、片手で踊ろうと両手で踊ろうと、指先はつねに相手の口や鼻に向け、最大の力をもって相手の正中線を制御し、敵を威嚇するということである。相手の正中線を制御するということは、すなわち自分の中線を侵されないように守備することでもある。手の平だけでなく、食指、中指、薬指、小指のすべてを敵に向け、親指も曲げてかまえ、他の四指とともに、同一方向に向けるとよい。
 この種の掌法は、太極拳などの内功拳や少林拳などの外功拳の掌とは根本的に異なっており、指と爪を立てて威嚇するということである。爪の指を立てるさい、手首を持ち上げたり、下げたりしてはならず、上げるだけでもなく下げるでもなく、

Toruトップ