Toruトップ >  旅メニュー   >マラニック

 大阪府出張

日    程   2015年(平成27年)1月22日(木)〜1月23日(金)
 競馬事業に携わり、兵庫県競馬組合と協議があるため、大阪府に出張することになった。
 初日は、園田競馬場、2日目はウインズ視察である。
 

【2日目:1月23日(木)】 

 2日目は、出張恒例の早朝ランニングへ。大阪城方面は行ったことがあるので、四天王寺方面に走ることに。往復約1時間5〜6kmくらいかな。

 途中大阪の電気街「でんでんタウン」を走る。途中のお寺では、「植村文楽」の墓所がある。大阪も歴史が深い。


 
   

【大江神社】
 次に大江神社に立ち寄る。由緒をHPから転載。

 当大江神社は、上之宮、小儀、土塔、河堀、堀越、久保の各社と共に天王寺七宮と云われ、
四天王寺の鎮守として聖徳太子が祀られたものと伝えられています。当社は、天王寺北村の
産土神(うぶすながみ)で豊受大神を祭祀しています。いつの頃よりか神仏を混淆して毘沙門天を祀り、乾の社と称して四天王寺の所管となり、境内に神宮寺を建て祭祀も僧徒(四天王寺東光院神宮寺の別当)が当っていましたが、明治維新後神仏が分離され、慶應三年今の社名に改められました。社名は大江岸(おおえのきし)に続いた社地であったところから大江神社となりました。明治四年郷社に列せられ、明治四十年、大道一丁目字土塔の村社、土塔神社(祭神素戔嗚尊)、上之宮町字上之宮の村社、上之宮神社(祭神欽明天皇、相殿に大己貴命、少彦名命)、東区安土町二丁目の無格社、男山八幡神社(祭神応神天皇)、同四十一年、勝山通一丁目字小儀の村社、小儀神社(祭神素戔嗚尊)を合祀しました。先の戦争にて絵馬堂と神器庫を残しすべて焼失しましたが、昭和三十八年、氏子崇敬者により本殿、拝殿が復興されました。千八百坪の広い境内には約百三十本もの榎木、楠木等の樹木が覆い繁り、大阪市の保存樹林の指定を受けています。
   
【四天王寺】
 四天王寺に到着。ここは古い。今から1400年前に聖徳太子が創建したお寺。そして、広い、ディープなお寺だ。時間があれば探索したいが、さらっと見学して帰る。

<創建>
四天王寺は、推古天皇元年(593)に建立されました。今から1400年以上も前のことです。『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫りもし、この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世の全ての人々を救済する」と誓願され、勝利の後その誓いを果すために、建立されました。

その伽藍配置は「四天王寺式伽藍配置」といわれ、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式で、日本では最も古い建築様式の一つです。その源流は中国や朝鮮半島に見られ、6〜7世紀の大陸の様式を今日に伝える貴重な建築様式とされています。

明治以後の四天王寺は、まず、明治維新の神仏分離令により、それまで四天王寺に所属していた神社が離され、厳しい状況に置かれましたが、人々からは依然として庶民信仰の寺・お太子さまの寺として深い信仰を受け、諸行事は従来どおり行われました。

昭和9年(1934)9月21日、近畿一円を襲った室戸台風によって五重塔が倒壊、金堂は傾斜破損、仁王門(中門)も壊滅するなど、境内全域が相当な被害を被りました。昭和15年(1940)、努力のすえに五重塔が再建されましたが、それも束の間、昭和20年(1945)の大阪大空襲により、六時堂や五智光院、本坊方丈など伽藍の北の一部の建物を残し、境内のほぼ全域が灰燼に帰してしまいました。

しかしこの時も、各方面の人々の協力を得て復興への努力がなされ、昭和38年(1963)には伽藍が、昭和54年(1979)には聖霊院奥殿・絵堂・経堂が再建、その他の建物も次々に再興され現在ではほぼ旧観に復しています。さらに、戦後間もなく太子創建の寺であることから天台宗から独立し、和宗を創立。四天王寺はその総本山として、仏法興隆と太子精神の高揚を本願とする寺として再生いたしました。また、四箇院事業も、学校法人四天王寺学園を経営し、国際的な視野のなかで仏教教育を実施し、社会福祉法人四天王寺福祉事業団を中心に悲田・施薬・療病の各事業を継承発展させています。
 
   
   
   
   
【生圀魂神社】 

 次に走っていると、また神社を発見。ここも古い。ネットより転載。社殿の向こうに虹が見える。
 神社横には、井原西鶴像もあったり、発見が多い。

 武東征に際し天皇みずから石山碕(現在の大阪城を含む一帯)に日本国土の御神霊、すなわち八十島神である生島大神・足島大神を祀られ、国土平安を祈請された事に始まる大阪最古にして日本総鎮守の神社。八十島祭に代表される宮中祭祀の神社として、延喜の御代には難波大社とも尊称された。天正13年(1585年)豊臣秀吉の大坂城築城により、現在地に遷座。爾来、本殿は幣殿とひとつの屋根で葺きおろし、その上に3つの破風を据えた他に類例のない「生國魂造」という建築様式を継承し、桃山時代の威風を現代に伝える。明治4年には逸早く官幣大社に列せられ、また、毎年7月11日・12日には生玉・天満・住吉と続く、大阪三大夏祭りの魁「いくたま夏祭」が盛大に齋行される。
   
   
   
   

 その後、午前中はウインズ道頓堀、ウインズ難波を視察後、通天閣を見て、串かつを食べたのち、午後は北海道に帰る。

【ウインズ道頓堀】 
   
   
   
   
   
 
1日目へ 
 

  旅メニューに戻る