Toruトップ >  旅メニュー

龍雲閣

日    程   2015年(平成27年)5月5日(火)
 自分の初勤務の家畜改良センター新冠牧場には龍雲閣があるが、桜まつり期間中は公開しているとのことなので見学することができた。
 若いころは歴史に興味がなかったが、今はとても興味深い。何でも鑑定団に出せば、すごい値段がつくのだろうか。ここには、初代首相の伊藤博文の揮毫文、なんでも鑑定団で聞いたことがある谷文晃の掛け軸、狩野探幽の屏風もある。そして、大正、昭和、平成の天皇陛下が皇太子時代にも訪問しているすごいところ。

(ネットから転載)
設置者:宮内省(当時)
開館:明治42年
規模:379u(建築面積)
総工事費:4,939円17銭(明治42年当時)
設置目的:皇族方の貴賓舎
運営:建築当初は、宮内省所管であったが、現在は独立行政法人(前農林水産省)新冠家畜改良センターで管理をしており、通常は一般開放しておらず、 現在は桜まつりのみ一般開放している。
所蔵物:狩野探幽の屏風一双、谷文晁の掛け軸、伊藤博文の揮毫軸、伊藤博邦公の揮毫額、その他、皇族ご使用の家具、食器、馬具など多数


 この建物は明治41年に客舎(貴賓舎)として建築に着手され翌 42年に竣工。木造一部二階建て、二層の御殿造りで、延べ面積は513平方メートル、建築に要した費用は4,939円17銭と、当時の静内村の年間予算に匹敵するほどの多額の費用が投じられた。
 現在の独立行政法人家畜改良センター新冠牧場は、当時、創業後36年、御料牧場となってからでも20年を経過しており、宮中御料馬の生産並びに北海道産馬の改良のほか、日露戦争中は陸軍の要望に応えて軍馬の拠出をしていたことから、皇族をはじめ斯界の文武にわたる高位高官の士をお迎えする機会は多く、これら貴賓を招じ得るこの種の客舎の要望はきわめて強く、明治42年に韓国皇太子李良殿下のご臨場が予定されていたことが、客舎の実現に拍車をかけました。
 
こうした使用目的から、当然それに応じた格式が建物も各部各所で通り入られ、他の建造物とは全く趣を異にした二層の御殿造が出来上がった。
 これが、当時の人々をいかに瞠目せしめたかは、当初「凌雲閣(りょううんかく)」と名付けられたことからも想像できる。
 龍雲閣の外観は、神社名刹を彷彿とし、階上御座室をめぐらす欄干は、名実ともに、御殿のそれを想わせる。また、その間取りも主賓、近衆から従僕、衛士に至る身分別の部屋が秩序正しく仕分けられており、階上御座室及び控えの間の真下にあたる部分は座敷とはせずお蔵となっており、この辺りにも高貴の方の身辺警護に十分意の払われた設計がうかがえる。その他玄関、廊下、階段、天井、床の間造りから、御洗面所、御浴室、御厠に至るまで、閣内何処をみても贅を廃し、むしろ質素なたたずまいの中に、大きなゆとりと格調の高さが感じられます。
 完成後の龍雲閣へは、幾たびも皇族方の台臨があり、大正、昭和の二代にわたる天皇陛下がそれぞれ皇太子の御時に行啓されていることは、御料牧場とはいえ都から遠く離れた牧場として稀なことといえます。平成18年には現在の天皇皇后両陛下もご来場されている。
 建物内部には、皇族がご使用になられた家具、食器、馬具を初め、狩野探幽の屏風、谷文晃の掛け軸、伊藤博文公の揮毫軸、そして龍雲閣の名付け親とも言うべき伊藤博邦公の揮毫額など国宝級の品々が展示されています。
 この豪壮な御殿も老朽化したため昭和47年に新冠種畜牧場、起業百年事業の一環として龍雲閣の修復工事を行い今日に至っておりますが、屋根だけは当時の楢柾葺きに復元する事が出来ず、今後の耐久性をも考慮し銅版葺きが採用されました。
 その後、数多くの名士高官がここに足跡を残されたのですが、特に皇族関係者の方々をご来場順に列挙します。

・韓国皇太子李垠殿下(明治42年8月、伊藤博文公爵随従で御臨場、御視察)
・皇太子殿下〔後の大正天皇〕(明治44年9月、凌雲閣4日間のご滞在中産馬の改良、牧場作業全般の御視察、御騎乗、裸荒馬の捕索騎乗等を台覧)
・東久邇宮稔彦王殿下(大正6年7月御臨場)
・北白川宮成久王殿下(大正10年8月御臨場)
・皇太子殿下〔後の昭和天皇〕(大正11年7月、龍雲閣3日間の滞在中、放牧馬群の状況、牧場施設巡覧、各競馬、立乗競馬等を台覧)
・澄宮〔現三笠宮〕崇仁親王殿下(昭和7年8月御臨場)
・伏見宮博英王殿下(昭和8年8月御臨場)
・義宮(現常陸宮)正仁親王殿下(昭和28年8月御臨場)
・三笠宮寛仁親王殿下、同妃殿下(昭和62年12月御臨場)
・天皇、皇后両陛下(平成18年9月御臨場)

【宝蔵物にまつわるエピソードT】
 伊藤博文公は、明治42年8月韓国皇太子殿下のご案内役で来場され、畳の香りも新しい当閣へ宿泊されたのですが、その折、宴席の座興として即興の七言絶句を墨書されました。一端書き上げられた後、一部修正を思いつかれ原稿さながらに不要の字を訂正し、また新たに挿入等され、結局この書は帰京の後、改めて清書をして送ろうということになって持ち帰られることになりました。
 さて、その帰路、お発ちの馬車が動き出してから、牧場の者が馬車を追いかけて、その原書を無理に願って頂戴したと伝えられています。俗にいう虫の知らせでしょうか。博文公はその年、ハルビン駅頭でテロの凶弾に斃れ、その一生を閉じています。もし、馬車にすがって頂戴しておかなかったら、この書は残らなかったでしょう。後に軸に表装され、今は重要な記念品として保存されております。

【宝蔵物にまつわるエピソードU】
 博文公の女婿に伊藤博邦公というお方がおられました。大正11年6月、この時宮内省主馬頭の官にあり、当場を視察したのであります。この方は真に能筆で見事な「龍雲閣」の三文字を揮毫されました。これも無論保存されております。現在の龍雲閣は、これを契機として凌雲閣から改められたと思われます。またその発音も只今では(りゅう)と読んでおりますが、博邦公の発想は、龍の字を用いた(りょううんかく)であったかもしれません。ともあれ、龍雲閣の名付け親は伊藤博邦公であるとされております。

   
  
 
 
 
 

  旅メニューに戻る