Toruトップ >  旅メニュー

蒲田界隈

日    程   2015年(平成27年)6月5日(金)
 東京出張。会議まで少し時間があるので、京急線蒲田で途中下車し、界隈を散歩して、懐かしいJR京浜東北線の蒲田駅まで歩く。

【呑川】
 最初に小さな川を渡る。ネットで調べると「どんがわ」ではなく、「のみがわ」だそうだ。この川の歴史をネットで調べると、結構歴史がある。昔は世田谷で湧いて、途中の田んぼを潤していたそうだ。

(転載はじめ)
 「水源は郡中世田ヶ谷領深澤村より出て、わつかなる流なれと、衾、石川、雪ヶ谷の三村を歴、道々橋村に至て千束溜井の餘水合して一流となり、池上堤方に至る、この村内にて市倉村の方へ分流あり、すへて水源の近き處より此邊に至まて、深澤流といへり、是より下蒲田の方に至て呑川と唱ふ、下蒲田村にて六郷用水の枝流合し、又一流となり、御園、女塚、新宿、北蒲田、下袋の村々を経て、北大森村にて海に入」(「新編武蔵風土記稿巻之三十九荏原郡之一」より)
 呑川本流は、世田谷区新町の旧厚木街道下から湧き出し、深沢を通って八雲三丁目から目黒区内に入る。一度東に向かった流れは、目黒通りの下をくぐる辺りから徐々に南へ向きを変え、東京工業大学脇から大田区へと抜ける。
 呑川(のみがわ)には、柿の木坂支流、駒沢支流、九品仏川の3つの支流がある。柿の木坂支流は、国道246号線の上馬交差点南、世田谷・目黒区境付近から生じる細流で、東横線都立大学駅北側で本流に入る。駒沢支流は、国道246号線の真中交差点の南にあった池から流出し、駒沢公園陸上競技場の下を通って八雲二丁目で本流と合流する。九品仏川は、九品仏で名高い浄真寺を取り巻く湿地の水が集まって、世田谷との区境を東流し、大井町線緑が丘駅南側で呑川(のみがわ)に注ぐ。
 水源の浄真寺周辺は、俗に奥沢の底なし田んぼといわれるほどの深田で、古くは奥沢城の自然の要害をなしていたとか。大正の終わりころまで鷺草(さぎそう)が自生し、鷺の谷の字名(あざな)もあったという。
 幕末から明治の初めにかけて、目黒の水田地帯は、目黒川・立会川(たちあいがわ)呑川(のみがわ)の各流域に集中し、川べりには、精米・精粉の水車がのどかな音を響かせていた。水稲栽培にはなくてはならない呑川(のみがわ)ではあったが、雨が降り続くと辺り一面飲み込むがごとく水浸しにしたのがその名の由来といわれるほどの激しさも秘めていた。
 その呑川(のみがわ)も、昭和47年から順次暗きょ化されて、今目黒区内で川面を見ることのできる場所は、緑が丘駅付近から大田区との区境を流れる部分だけである。
(転載終了)

【稗田神社・石鳥居】
 次に、稗田神社に向かう。 古そうな鳥居と立派な神社が都会の真ん中にそびえていた。ここも歴史がある。掲示板から転載。

(石鳥居)
 花崗岩製、明神型鳥居、高さ310cm、柱間314cm。
 笠木は、全体にゆるやかな反りをもって、柱とのつりあいもよく、安定した姿をみせる。
 柱背面の銘文から、寛政12年(1800年)北蒲田の氏子により寄進されたことがわかる。区内の鳥居では古いもののひとつであり、貴重である。
 また一方の銘文には、「蒲田井郷稗田神社」と刻まれる。蒲田井は「ほたい」と読むといい、稗田神社は蒲田神社と呼ばれたと伝えられる。蒲の古字といわれる稗の字が当たられたことから、「ひえた」の発音に変化したと考えられる。
 昭和49年2月2日指定    大田区教育委員会

(稗田神社)
 式内社と呼ばれる古い格式をもつ神社である。平安時代に編纂された「延喜式」の神明帳に記載され、また「三代実録」に貞観6年(864)「武蔵国従五位下蒲田神を以て並びに官社に列す」とあるのが、この神社であろうといわれる。
 社伝によれば、和銅2年(709)僧行基が天照、八幡、春日の三神体を刻んで安置し、鎌倉時代に日蓮が村民の請いをいれて開眼したと伝えられる。江戸時代には隣接の栄林が別当であったが、明治初年の神仏分離により独立し、旧社格は郷社に定められた。
 昭和49年2月2日指定    大田区教育委員会

【行方弾正直清供養塔】
 次に隣の、栄林寺の行方弾正直清供養塔へ。戦国時代の名残が残っている。
 栄林寺の由緒はネットから、行方の由来は掲示板から転載。

(栄林寺)
 寛永3年(1626)4月29日示寂した千如院日好の開山である。神体が日蓮の開眼と伝えられる延喜式内社、蒲田神社(?田神社)の別当寺として、安政の地震により大破した社殿を、41世日現代に再建したことが、当寺所蔵の「諸寄進帳」により推察される。
江戸時代、現在の呑川東岸に鶴寄せ場があり、それを中心にした蒲田寄りの水田地域は、当寺の檀徒区域で、将軍が鷹狩りに来て、休息したという家も檀徒のなかにあり、現在お成り橋、馬引橋などの橋もあることなど、鷹狩りにまつわる伝説がある。また春秋の彼岸中日に、檀徒によって仏前に供えられた供物を、法要の終った後で、参諸者一同に振る舞い、懇親の時を過ごす慣習は、今日も続いている。

(行方弾正直清供養塔)
 行方弾正直清は後北条氏の家臣で、この辺りの六郷領を支配していた。
 直清は天正18年(1590)の豊臣秀吉の小田原征伐の際に討死したと伝えられる。当
寺は行方弾正の屋敷跡で、その中興開祖である日芸(寛永20年1643年没)が、直清の供養のためにとこの塔を建立したことが、碑面に刻まれた銘文からわかる。
 寺伝によれば、日芸は直清の弟で、出家後、旧宅を寺院とし、中興開祖となった。

 うーん。ちょっとの時間だったが、歴史を感じることが出来た。

   
  
 
 
 
 

  旅メニューに戻る