Toruトップ >  旅メニュー

関西出張3日目
(桓武天皇陵、伏見桃山城、JRA京都競馬場)

日程:2016年(平成28年)11月19日(土) 
 強い馬づくりの勉強3日目、JRA京都競馬場に行く前に、丹波橋で寄り道して、桓武天皇陵と桃山城に寄ってきた。
 京都競馬場は大きい。パドックでは武豊など有名騎手を間近で見ました。 
    
 桓武天皇陵は、丹波橋駅から歩いて約10分。 桓武天皇は、平安京を作った第50代天皇。その人のお墓がこのようなところにあるとは、感動。しかし、陵墓自体は、簡単で何もなかった。
 
 
 
 
 桓武天皇陵をさらに奥に行くと、伏見桃山城へ。云わずと知れた豊臣秀吉が築城したお城である。以前ブラタモリでもやっていたように、周辺は家臣が住んでいたところであり、島津とかの町名があり、それが名残なのだろう。
 以下、ウイキペディア」より。
 現在、建っているお城は昭和39年にの遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」が建設され、園内には洛中洛外図に描かれた伏見城を参考にして5重6階の大天守と3重4階の小天守、櫓門などを伴った模擬天守が6億円(当時の金額)をかけて鉄筋コンクリート構造で造られた。2003年1月、同遊園地は経営母体である近鉄によるリストラの一環で閉園したが、模擬天守は京都市民の運動によって伏見のシンボルとして保存されることとなり無償で京都市に贈与。
 
 
 
 
 

  旅メニューに戻る