Toruトップ  陰陽五行のトップ  大成卦のトップ

1 乾(けん) 乾為天(けんいてん)

   
   
偉大なる天、君たるの道  
 乾。元亨。利貞。
乾(けん)は、元(おお)いに亨(とお)る、貞(ただ)しきに利(り)あり。  

【黄小娥 易入門】


 登りすぎた竜
 この卦の形を見ただけでも、全部が陽だとはおわかりでしょう。陽は男性の象徴です。易経では、この卦を力にありふれた竜に例えています。
 この卦は、「登りすぎた竜はくだるしかない」ということをしめします。位負けというところですね。ですからこの卦が出た時には万事にあせってはいけません。じっくりと時の来るのを待ちましょう。
 また、この卦は、だいたい男性の壮年期、つまり登りつめた年齢の意味があります。だから社会的な立場からいっても責任が重いし、仕事も手一杯やっている年頃なのです。外での毎日がかなり緊張の連続であるうえに、くつろぐべき家庭に帰っても、家庭の生活の責任を考えなければならないのは中年の男性としてのつらさでしょう。また、緊張だけで実収入を伴わないところが、この卦の欠点です。
 あなたが男性ならば、お気の毒ですが、浮気どころではないのです。まず仕事に精を出すこと。いや実際にもう忙しすぎて、それどころではないかもしれません。あなたが女性ならば、典型的なM型(男性気質)です。忙しくて、外ばかり飛び歩いていて家庭に落着けない人です。
 また、この卦は、また、堅いという意味があります。役所関係、法律関係、試験などにはたいへんいい卦です。
 
・・・

 田宮謙次郎選手が昭和34年、阪神から大毎に移ってから、まもないころのことでした。そのころの田宮選手はひどく不調で、周囲の人から心配されていたのでした。
 わたくしは、あるスポーツ記者の依頼で占いました。するとこの乾為天の卦がでました。これは登りすぎた竜で現在は緊張の極みです。彼は前年度素晴らしい成績を残して移籍したばかりです。精神が不安定だし、周囲の人となじんでいない状態です。「しばらく見てごらんさい。周囲に慣れるにしたがって、すばらしい力を発揮できるのもまじかです。」
 その後、しばらくして、彼はスランプ状態から抜け出し、好成績をあげました。  
 

 【高木彬光 易の効用】


 これは、六つの爻のすべてが陽の組み合わせである。
 「元亨利貞(げんこうりてい)」−−−「おおいに亨(とお)る、貞(てい)に利(よろ)し」と、本文には簡単に説明してあるだけだが、これはかんたんすぎて、初めて易を学ぶようなひとにはわかり難いだろう。その意味を解くには、おのおの爻の説明を読まなければならない。
 この卦は龍にたとえられている。もちろん想像上の動物だが、古代の中国では、一つの理想の象徴と考えられていた存在である。たとえば登龍門という言葉がある。鯉が瀧を上り切って、龍に化するという伝説もある。むかしの絵を見ると、鯉に翼がついたもの、龍に翼がついたものなどがあるが、これは翼のない鯉に翼が生え、それから体が龍にかわり、最後にもう一度、翼が退化して純粋の龍にかわる経過を示したものといわれる。一種の想像的な進化論で、動物学的には根拠のない話だが、人間進歩の一つの象徴、寓意としてみれば深い意義も認められる。

 初爻の説明には「潜龍用うるなかれ」と書いてある。
 龍は、雲を得て、初めて空を飛ぶことが出来るといわれているが、人間の才能も、所を得なければ、真価を発揮できないのは、それと同じことである。
 大才、大きな情熱を抱いていながら、ぜんぜん世に認められない状態なのだ。諸葛孔明が、草菴に隠棲し、自ら「臥龍」と称していたころの状態んいあたるのである。 
 豊臣秀吉の一生にたとえるならば、日吉丸の放浪時代にあたるといってもよいだろう。

 二爻の説明には「見龍田にありあり。大人を見るによろし」と書いてある。これはそろそろ、その力が世に認められはじめた初期の段階といってよい。龍が首だけ、水面の上につき出した感じなのだ。
 もちろん、その全貌はあらわれていない。しかし、名馬か駄馬かを見わけるとも、名伯楽でなければ出来ないのだ。自分の才能を知ってくれる知己を探し出し、その下で日夜精励して、次の飛躍をねらっている段階である。
 豊臣秀吉の一生にたとえるなら、織田信長につかえて猿とよばれていた初期の時代にあたるだろう。

 三爻の説明には「君子は終日乾乾。夕にタ若(てきじゃく)たれば、氏iあやう)けれども咎(とがめ)无(な)し」と書いてある。
 これは一種の危険期なのだ。どういう世界にも競争意識はある。嫉妬はある。一人の人間が伸びようとするときには、かならず周囲の人間が、足をつかんでひきずりおとそうとするものだ。
 自分の地位ががっちりと固まってしまえば、何の問題にならないような非難や中傷でもそれ以前には命とりになることが多いのだ。
 もうこの時期には、本人が龍−大器であることは、そろそろまわりの人間に認められかけている。しかし、それだけに妨害も恐ろしい。
 昼は自分の全力を尽くして働き、夜はその行動を反省し、過失のないように、注意を重ねていけば、たとえ危険はあっても、重大な事態を生じることはないだろうという意味なのだ。
 たとえば、豊臣秀吉が織田信長に仕えていて、抜群の出世をなしとげ、柴田勝家や佐久間盛政など重臣たちの警戒と嫉妬を買いはじめたころの段階である。
 彼が木下藤吉郎から改名するとき、丹羽信秀の「羽」と柴田勝家の「柴」とを一時ずつ、もらいうけて「羽柴秀吉」と名のったも、こういう先輩たちの敵対意識を、いくらかでも緩和しようとした苦肉の策であったろう。現代の社会でも、このような局面は、随所にみられる。
 四爻の説明には「或いは踊りて、淵に在り。咎なし」と書いてある。
 これは昔からいろいろの説があるが、私は龍が全身を水面にあらわして、雲をねらいつつある状態と解釈する。
 たとえば、羽柴秀吉が信長の片腕として、中国征伐に出陣したときのような段階なのだ。もちろん、彼はまだ織田家の一武将にすぎないが、長年の努力で勢力も養われ、人材も配下に集まってきている。わずかばかりの中傷や失策では、その地位はゆるがないというだけの地盤はがっちり固まったのだ。
 この地位まで達した人間に、下手に手を出すことは主君のほうにも危険を伴うことになる。この時代において明智光秀は多少の差こそあっても秀吉と同じ位置にあった武将なのだ。この光秀に対する信長の不当な圧迫は、ついに本能寺の変となって、信長自身の命を失わせたのである。
 
 五爻の説明は「飛龍天に在り、大人を見るに利(よろ)し」と書いてある。この段階でついに龍は雲に乗って、天を飛ぶところまで達したのだ。もう、その前途をさえぎるものをはないのである。
 「大人を見るによろし」という言葉は、二爻の説明にも出てくるが、今度は本人の位が違うのである。二爻では、眼のある主君、将来性のある主君を、自分が探しだし、その力に惹かれて自分も伸びようという感じだし、五爻では、才能力量のある人物を、自分の配下、客分に集め、その力にささえられ、押し上げられて伸びて行こうという感じなのだ。これは前に、五爻は主君、社長の位だと説明したことから、おわかりだろうが、同じ言葉でも、その場その場で、変わった意味に解釈しなければならないところに、古典の深遠な含みがある。
 信長の死後、誰がその跡を継いで天下を統一するか、これは織田家の武将たちにとっては、最大の問題だっただろう。
 叛旗を翻して、主君信長、その子信秀の父子を殺した明智光秀のねらいも、力によってその地位を奪おうとしたものであることには疑いない。
 もちろん、他動的に与えられたチャンスには違いないが、秀吉は天才的直観で、この一点の転機を活用する。
 彼はまず毛利と和を謀って、二正面作戦の危険を回避する。これを味方にひきつけて、背後の不安を除くことも、一種の「大人を見るに利し」に違いない。
 光秀の行動に怒りたった織田家の武将たちは、主君の仇を討つ−という旗印の下に、続々秀吉の下に集結する。これも「大人」たちなのだ。山崎の合戦の勝敗には、いろいろの原因もあるだろうが、その一つには、光秀が天下の支持をうしなったこと、直接彼を支援してくれる武将たち、大人たちがいなかったことも数え上げられるだろう。
 この山崎合戦で、雲に乗った龍、秀吉はさえぎるものもない勢いで空を飛んで行く。彼と戦って引き分けにまで持ち込めたのは、わずかに徳川家康だけ。柴田勝家も、小田原の北条家も滅ぼされ、東北の伊達政宗も、四国の長曽我部家も、薩摩の島津家も、秀吉に対して臣下の礼をとらざるを得なくなったのだ。
 
 上爻の説明には「亢龍悔有り」と、短い一言がしるしてある。 
 昇りすぎた龍は、勢いを失っている。
 これは、大小を問わず、あらゆる独裁者の最後にたどる悲劇なのだ。 もちろん、年齢の問題もあるだろうが、豊臣秀吉の天下統一後の耄碌ぶりは、まるで人が変わったようなものだったといわれている。朝鮮征伐、秀次の成敗、千利休の成敗など歴史を読んで、これが山崎合戦の英雄と同じ人間のしたことだろうかと、溜息をつきたくなるのは、私一人の感慨ではあるまい。
 ナポレオン、ヒットラー、こういう独裁者たちも最後は「亢龍悔有り」の悲運を避けられなかった。そのような例をひいたなら、おそらくきりはないだろう。
 今、変爻の原理によって、「乾為天」の上爻の引用を変化してみると「沢天夬」  の卦が生まれてくる。
 
 
 この卦の説明は後に譲るが、一口に言えば、これは堤防を決壊させるような勢いなのだ。
 自分に有利な勢いが尽きてしまって、逆の勢いが力を増してきたならば、どのような名将でも敗戦の運命は避けられない。戦争科学では、自分の補給力の限界を「攻勢終末点」と称して、それ以上の進撃を戒めているが、勢いというものは、往々にして、その冷静な判断を無視してしまう。 
 ナポレオンも、ヒットラーのモスクワ攻撃は戦局が逆転した瞬間、その命とりになったのだ。大ナポレオン帝国も、千年の寿命を持つとヒットラーの呼号したドイツ第3帝国も、結局は一場の悪夢にすぎなかった。
 いや、昭和16年から17年にかけて、日本が征服した大地域、それを今地図の上に現在の日本と比べるならば、誰でも「亢龍悔有り」 の感慨をおぼえずにはおられないだろう。
 勢いに乗じすぎた龍は、九天の上から九地の底へ、たたきこまれなけれないではおられない。 
 そして、その崩壊は、建設の勢いが大きかっただけに、また、物凄い勢いを持っている。 これは、極端なたとえのようだが、もともと「乾為天」であらわされるような人間は、歴史の流れを変える雄なのだ。
 一般の人間が、この卦を得た時には、位負けするといわれるのも当然のことだろう。
 しかし、易占、六爻の変化による勢いの消長を、だれにもわかるように、平易に解説するには、この例が一番適切だと、私は思うのである。
 

 【駒村慧瓊 開運易占い】


剛健 点は健やか
天の動きは健やかでやむことがない。
剛健で進んでやまず疲れを知らない様子。
天理に基づき正しい道を行けばとおる。
意気軒昂(勢いのよい様子)で登りゆく龍に似ている。
強運のときだが、とかく行き過ぎる傾向があり、そこを注意する必要がある。
何事も謙虚を旨とし、仕事はバリバリとするという姿勢がよい。
点数 気運 運気 願望
 上爻 20点  ・盈(みつ)れば虧(か)く(満ちた月が欠ける)のごとく運気が過ぎ去り、これからのものは見合わせたほうがよく、今までのものは見切りをつけた方がよい  ・衰運の時
・運気が終わり、衰運に向かうとき
・地位ある人、その地位が危ういとき
・全てにおいて進んではいけないとき
・足るを知らぬことを反省するとき
・退職など退くのによいとき
・争いごとは剣難を招く恐れがあるとき
・出すぎを注意 
・分をわきまえず進みすぎて願望がかなわない
・やめるべき 
 5爻 100点  ・ここに至りて運気盛大となる
・盛運のピークゆえ、ここでまず締めくくりをつけるとよい 
・運気盛大の時
・ここが最盛期の終わりに当たり、明日、1か月後、1年後の衰運に備えるとき
・足ることを知る必要があるとき
・守るより攻めが有利なとき
・思わぬ援助があるとき
・今後も賢者に相談するとよいとき
・下の者にも相談するとよい 
・報いられかなうが、ここで一区切りつけたほうがよい、 
 4爻 70点  ・盛運を目の前にしての迷いでチャンスを逃すことが多く注意  ・盛運目前にあるとき
・進んで運気勝ち取るとき
・考えすぎてチャンスを逃してならないが、細心の注意で行動するとき
・拘束解かれて自由になるとき
・健康に注意し、水難にも注意 
・邪魔があっても負けてはならない 
 3爻 40点  ・日々反省し、成功を望まず、ひたすらの努力で道をつかむこと  ・運気渋滞の時
・ なかなか前進しないとき
・少しでも努力怠ればチャンスを失う
・よほどの努力が必要な時
・努め励めば間違いないが、成功は難しいとき
・頑張れ!真摯に向き合うことが大事な時
・水難注意
・かなうが少々遅れる
・大成功は望めない 
 2爻 90点  ・目上の人の指導を仰いだり、他の意見を取り入れるとよい  ・盛運の時
・進んで才能を発揮するとき
・目上の人の助けがあるので、力を借りるとよいが、目上の人との行動でもうまくゆくとき
・進んで公のことに関わるとよい
・類焼に遭うことがあり注意 
・多くはかなう
・他の人の意見も考慮に入れるとよい 
 初爻 40点  ・実力があっても
まだ実力を発揮するところにきていない
・準備しながら少し我慢して待つとよい 
・運気渋滞の時
・時期が来ていないので、進んではならないとき
・才能あってもチャンスに恵まれないとき
・何事も少し時期を待つとき
・女難、交通事故、盗難に注意
・時期が来ていないのでかなわない
出典:易(本田濟)、易入門(黄小娥)、易の効用(高木彬光)、開運易占い(駒村彗瓊)

Toruトップ