Toruトップ  陰陽五行のトップ  大成卦のトップ

2 (こん) 坤為地(こんいち)

  
   
坤  地の包容性、臣下の道
坤。元亨。利牝馬之貞。君子往攸。先迷後得主。利。西南得朋。東北喪朋。安貞吉。
 坤は、元(おお)いに亨(とお)る。牝馬之貞(てい)に利あり。君子往(ゆ)くところあり。先ずれば迷い後るれば主を得て、利あり。西南に朋(とも)を得て、東北に朋を喪う。貞に安んずれば吉なり。

【黄小娥 易入門】

おとなしい牝馬
 形を見ると、全部が陰になっているでしょう。陰は女性の象徴です。牝馬のようにおとなしく自分の道を守っていれば、まもなく道が開けるのです。こういうときは、万事控えめに先を争わないほうがいいのです。満員のバスを一台見送れば、次にはすいたバスがやってくるということになるのです。この卦は、前の卦が男性の壮年期をあらわすのと反対に、典型的に女性の従順さをあらわします。
 女性というものは、その外見はともあれ、心底では自分が従順につかえる男性を求めているのです。慈悲深い心豊かな父親を愛し、信頼できる夫を求め、力強いたくましい息子に希望を託しているのです。この卦は女性の従順になりたいという無意識の欲求を表します。
 だからすべて、年長者の意見にしたがい、その教えを守ることが大事です。人に使われたり、命令を受けて行動する方がよいのです。結婚はお互いに見通しがつかず、迷いの多いときです。どちらもなよなよと積極性を欠いているからです。まず年長者に意見を聞くといいでしょう。
 あなたが男性ならば、まじめですが、内向的で少し頼りにならないところがあります。女性ホルモンが多すぎるのです。あなたが女性ならば、やさしい世話女房で、子供にいい母親になれるのです。

 京都に本社を持っている貿易会社の社長さんが、新しく社員を採用するときに、相談に見えたことがあります。その時、候補者の一人を占って、この卦が出ました。
 「この人は非常におとなしくて、陰ひなたのない人ですが、外交には向きません。地味で内向的な仕事、たとえば倉庫係とか、返品係とかには適当でしょう」。
 この社長さんは、わたくしの言うとおりになさいましたが、やはり、かなりの成績をあげるようになったそうです。
   
 

 【高木彬光 易の効用】

 この卦は前の「乾為天」とは反対に、六爻のすべてが陰からなり立っている。
 ということは、万事受け身の立場に立っていることを表すものなのだが、それが決して悪いわけではない。
 天上の太陽から熱と光を受け、万物を育むものが大地である。というのは、人間が最初に考えつく思想なのだ。聖書の天地創造の部分もその思想形式としては全く同じである。
 「坤は元(おお)いに亨る。牝馬之貞に利(よろ)し。君子往く攸(ところ)有り。先だつときは迷い、後(おく)るるときは主を得て利あり。利。西南には朋を得、東北には朋を喪う。安貞にして吉なり。」
 と易経には書いているが、牝馬の貞というのは従順の徳を説いていると見ればよい。女の心得、母の心得というようなものなのだ。
 従順を何よりも尊ぶために、この卦を得た場合に、何よりも忌むのは「われ先に」という考え方である。女房役、番頭役という境遇に安んじて、自分の立場を守り、下手な謀叛気を起こさないという心掛けが大事である。

 初爻の説明には、「霜を履(ふ)みて堅冰(けんぴょう)至る」と書いてある。「桐一葉落ちて天下の秋を知る」と言いかえてもいいような言葉だろう。
 冬の寒さは、人生ならば、一つの逆境とたとえてもいい。霜を見たなら、厳冬と思えということは、現在、きざし始めた凶兆をよく反省しなければ、たちまち、大変な災難がやってくると解釈していいだろう。人生における赤信号なのだある。

 二爻には「直方にして大、習わずして利しからざる无(な)し」と書いてある。
 これは、自分の現在の立場が、決して主役でないことを認識した人間が、脇役の立場に甘んじて、その本来の性質才能を十分に発揮している段階だといってよいだろう。女としては、一つの理想の姿ともいえるのである。

 三爻は「章を含みて貞にすべし。或いは王事に従い、成すこと无(な)くして、終わり有り」と説明している。
 王事に従うということは、本来内部にあるべき人間が、外部に出て働かなければならないようなこを指す。
 その場合、章とは自分の才能と解釈していいだろう。能ある鷹は爪をかくす。−−−というたとえのように、出来るだけ、控えめ控えめに身を持し、自分の手柄を求めるなというのである。たとえ、自分が犠牲になっても、全体の事業がうまく成立すれば、それで満足すべしという教えである。

 四爻には「嚢(のう)を括る。咎无く譽无し」と説明してある。財布の紐を固く締めて、積極的な態度をとるな−−−という段階なのだ。
 たとえば株式ブーム時代に、この卦を得たとする。人がどれだけ儲けたという話を、しょっちゅう聞かされると、自分も−−−と思い立つのは人情だが、こんな卦を得たら目をつぶって、絶対手を出さないことである。
 儲けられないかわりに、暴落相場にぶつかって、青くなることもない。資本をがっちり温存しておけば、間もなく絶好の買い場も出てくるだろう。
 これは株だけではなく、たとえば縁談でも同じである。あせらず一人見送れば、間もなくほかにずっとすぐれた相手があらわれるだろう。
 このように易経の本文はまことに簡単だが、それだけに類推はどれほどでも出来るのだ。読者諸君も、こういう風に原文の短い文章の精神を汲み、自分自身の問題にあてはめて活用して頂きたいのである。
 真山青果氏の「元禄忠臣蔵」の中には、大石内蔵助がその子主税に、開城直前、優柔不断をなじられて「父は一生、昼行燈と呼ばれて送りたかった」ともらす場面がある。確かに昔の大名の家の国家老が、一大決心を固めなければならないような場面は、その家が興亡の土壇場に直面したときなのだ。昼行燈といわれた当時の内蔵助は、たとえばこの四爻の辞を自分の処世訓としていたのではないかと思われる。

 五爻には、「黄裳元吉(こうしょうげんきち)」という言葉がある。黄色は地の色とされて、中国では非常に尊ばれる色だが、これを裳、もすそに使っているということは、謙譲の美徳で、まことにめでたいという意味である。
 十分に主君たるべき資格を持った人間が主君の補佐役にまわっているという感じなのだ。たとえば、今度のアメリカの大統領選挙で、ケネディ、ニクソンという候補者は、どちらも四十台だったので、副大統領の候補者には、両党ともに年長者を配したようなものである。
 若い社長のおかげで、十分の睨みをきかし、社運を背負っている副社長、支配人、そのような心掛けで事に当たるべきである。
 
 上爻には「龍野に戦う。その地玄黄なり」と書いてある。これは完全な下剋上、恐るべき状態といってよい。下にあって、統制に服すべき者が、上を侮っている状態なのだ。これを放置すればどういう事態になるか。それは5.15事件以来の日本軍閥の歴史を見れば明らかである。
 
 
 

 【駒村慧瓊 開運易占い】

従順
賢婦人の道

土地と土地の重なり、たゆまぬ地球を示す。
積極的ではなく、順(したが)うを本分としてよりどころを得、
地道に物事を積み重ねていけばとおる。
従順、貞節。
家臣、賢婦人の道。
根気よく物事を育てていくとよい。
たゆまぬ努力がみを結び、塵も積もれば山となる。
点数 気運 運気 願望
上爻 10点 ・自信が過ぎ、分不相応んて失敗するので注意したほうがよい ・凶運の時
・勢いがすぎて血を血で争うようなことがあるとき
・自分から仕掛けることは当然ダメだが、仕掛けられても相手にしてはいけない
・ことに至れば大災難となる
・急進すれば墓穴を掘るとき
・大したことない人間が悪事をたくらむときでもあり、注意のとき
・かなわない
・強引な行為は争いとなり傷つく
 5爻 40点 ・徳は自然ににじみでるもの
・人より前に出ず意見を取り入れ、根気よくやるとよい
・退守して利あるとき
・攻めより守りがよいとき
・和を保ち、退いて得策となるとき
・真面目に自分の仕事に励めば、あとで結果が出るとき
・親子、目上、夫婦など誰に限らず礼節を忘れれば逆風が立つとき
・分相応にして、余計なことに手を出すと失敗する
・半分くらいは達成するが、無理をするとうまくいかない
・信用を重んじよ
 4爻 40点 ・何かと世間はうるさいもの
・自重し心の緩みに気を付け、沈黙しているのがよい
・運気停滞気味
・何事も進んでやってはならず、沈黙を守ることこそが大事な時
・言葉遣いに注意する必要があるとき
・ケチといわれても、財布の紐はゆるめてはいけないとき
・投資したりお金を貸したりすれば戻ってこない
・欲を出してもいけないとき
・かなわない
・散在しないことと、言葉を慎むことが大事
 3爻 40点 ・実力があっても表には出さず、有終の美を目指すのがよい
・才能は隠し持つこと
・運気停滞気味
・今はその時でなく、時期を待つとき
・先頭に立たず、運気良い人に従ったほうが良いとき
・発表の時ではないのに発表すれば、成功を持って行かれてしまう
・運気は停滞しているが、努力した後に応援者が現れ、よくなっていく
・物事滞りがちでうまくいかない
・自分の方にその原因が生じる
 2爻 100点 ・生まれながらにして備わった坤(女性の道)徳あり
・着実に進んで、よい結果を得られる
・盛運の時
・コツコツやっていたことに、ついに成果が表れるとき
・チャンス逃さぬよう、努力するとき
・公平無私で信用が得られるとき
・共同で何かをすると成功するとき
・大勢の人の指導的立場になったり、師となることがあるとき
・病気に注意
・コツコツ型で、かなう
・共同でもよい
初爻 20点 ・善悪、盛衰に分かれる分岐点にある
・悪の芽は小さいうちに摘み取っておいたほうがよい
・衰運の時
・善悪、良否の分かれ道に来ているとき
・見極めが大事だが、大抵は悪い方へ向かうとき
・初め小さいことでも、捨て置けば大事に至る
・些細と思うことが大事に発展する入口にあるので、十分な注意が必要
・儲けようとして、つまらないものにひっかかることがあるとき
・かなわない
・相手にその気がないことが多い
出典:易(本田濟)、易入門(黄小娥)、易の効用(高木彬光)、開運易占い(駒村彗瓊)

Toruトップ