Toruトップ  陰陽五行のトップ  大成卦のトップ

3 (ちゅん) 水雷屯(すいらいじゅん)

  
   
芽ばえ、盈ちる、生みの困難
屯。元亨利貞。勿用有攸往。利建侯。
屯(ちゅん)は、元(おお)いに亨(とお)る、貞(ただ)しきに利あり。用(もっ)て往(ゆ)くところあるなかれ。侯(きみ)を建てるに利あり。

【黄小娥 易入門】

 「屯」は、「たむろする」と読みます。また物が伸び悩んでいる形です。六十四卦の中には「四大難卦」というのがありますが、これはその中の一つです。はっきりいってあまりよい卦ではありません。
 しかし、この卦は、悩みの中にあっても希望を持って時を待つ、という意味があります。雪の中で、草木の芽が雪解けを待っているようなものです。だから、こういうときに、あわてて先を急ぐとせっかくの芽が晩霜とか、残雪とかにあって、一巻の終わりとなります。いますぐ進むべきときではないという教えなのです。
 たとえば、会社でいうなら、創立早々という時期です。このときには、まず信頼のできる部下を、部課長として、各部に配属し、社内の整備にあたることが大切です。あせって仕事を進めれば、大敗をまねく結果となるでしょう。
 この卦の時には、大きな目的や希望があっても、周囲の状況がすべて不利なときでおもうように進めませんが、けっして希望をすててはいけません。あなたの計画そのものは決して間違ってはいないのです。ただ、こういうときに、一人でことを起こすと、四方八方から攻撃を受け、袋叩きになりますから、後輩や友人の協力を求め、自我を出してはいけないということです。
 とにかく多事多難のときですが、目先、半年間だけ、忍耐努力すれば、この悩みがが解けて必ず好天のチャンスをつかめましょう。早ければ四か月あたりに希望が出てきます。結婚を占った場合、これは行き悩む意味ですから、いますぐは結婚はできません。しかし、四か月から半年ほど待てば、その人とゴールインできるでしょう。
 
   
 

 【高木彬光 易の効用】

 「屯」とは滞るという意味である。本来は天上に鳴り響くはずの雷が、氷に頭を抑えられて悶々としている姿なのだ。
 つまり、自分の情熱を思うように発揮できない状態と解釈すればよい。
 株には「底値鍛錬」という言葉があるが、人生でもそういう状態は間々あるのだ。
 内卦を自分、外卦を相手と見ることは前に述べたが、この原理に従うと、こっちは雷の様に勢いよく動きたくてパタパタしているのだが、向こうが水のように冷淡、陰険で絶えず頭を抑えようとしている象なのである。ただ、幸いにこのような状態は長く続くものではない。この卦の説明に「屯(ちゅん)は、元(おお)いに亨(とお)る、貞(てい)に利(よろ)し。往(ゆ)くところ有るに用うるなかれ。侯(こう)を建てるに利(よろ)し。」
 とあるのは、自分の志なり、才能なりを認めてくれる人を見出して、努力を怠らなければ、遂には困難を突破して成功を収められるという意味にとってもいいだろう。
 
 初爻には、「盤桓たり、貞に居るに利し。建てられて侯たるに利し」と書いてある。進もうとしても障害が多くて一歩も前進できない。強いて進もうと思えば、大敗をまねくということである。

 二爻には、「屯如(じゅんじょ)。?如(てんじょ)。馬に乗りて班如。寇(あだ)するに匪(あら)ず。婚媾(こんこう)せんとす。女子貞にして字(あざな)せず。十年にしてすなわち字す」と説いてある。「屯如」とは行き悩むこと、「?如」とは転進すること、「班如」とは半ば進み半ば退くことで、三度も同じような言葉を繰り返しているくらいだから、いかに困難な状態かわかるだろう。女だったら、自分の思う男とは、十年正式に結婚できないというのだから、どんなに情熱があったとしても、それは生きて来ないのである。

 三爻には「鹿に即(つ)きて虞(ぐ)なし。唯林中に入る。君子幾(ほとんど)舎(す)つるに如かず。往けば吝(りん)」と書いてある。鹿を追いかけて案内もなく、山を見ないで、林の中に飛び込んでいった形なのだ。今までのことは眼をつぶって、全面退却を決意すべきである。それを思い切りが悪いと、今度の戦争でガダルカナルに、陸海軍が何度も小出しに兵力を注ぎ込んで、後の作戦に重大な支障を来したようなことが起こるのだ。株だろうが、恋愛だろうが、こんな時は眼をつぶって、すっぱり見切ってしまうべきである。

 四爻は「馬に乗りて班如たり、婚媾を求む。往けば吉。利(よろ)しからざる无(な)し」と書いてある。行き悩みの状態は同じだが、先はいくらか明るくなってきている。正しいことなら、どうにか通るような状態なのだ。例えば目下のために縁談を世話するような小さいな善行ならば進んで行ってもいいというのである。

 五爻には「其の膏(こう)を屯す。小貞なれば吉。大貞は凶」と書いてある。例え正しいことを思い立っても小さいことなら何とか成就するだろうが、大事を企てては失敗すると思ってよい。膏雨とは地を潤す雨で一つのチャンスとみてよいが、一雨降りそうでなかなか降らない陰鬱きわまる天候をあらわす卦として、そこからすべてを類推していただきたい。

 上爻は「馬に乗りて班如たり、泣血漣如たり」と説いてある。
 苦労困難もその極に達し身動きも出来なくなって、血の涙を流している状態である。ただ、幸いにこの卦が出た時は悩みもそれほど長くはない。夜明けの前は、闇が一番濃い−という諺を思い出して、あとひと踏ん張りすべきである。 
 
 

 【駒村慧瓊 開運易占い】

 困難。
 生み出ずる悩み。
 
 寒さの下で、春が動こうとしている。春は目前にあり、草木いまだ伸びきれず、寒さの中で悩み生じている。
 軽はずみには動けない。
 進もうとして進みかね、困難多く悩み多い。
 物事の初期段階に当たり、生みの苦しみと苦労がある。成長過程のときゆえ、焦らないことが大切。
点数 気運 運気 願望
上爻 20点 ・悲しみのどん底だが、この悲しみはもうじき終わる ・衰運のピークのとき
・困難がピークに達しているので、あと少しの忍耐が必要なとき
・自暴自棄にならずに自重すること
・今何かをしようとしても成就はしないとき
・かなわない
・孤立無援
5爻 60点 ・動くのに力(潤滑油)が足りない
・自分の力に即して動いていくのがよい
・漸次吉兆に向かうとき
・血気にはやって事を起こさず、旧来を守り安全確保のとき
・何事も手堅く徐々にやっていくとき
・商売は成績が上がらない
・新規ごとはうまくいかない
・小さいことは整うが、大きいことはうまくいかない
・おおかたかなわず大事は思いとどまること
4爻 70点 ・二途に迷うが、求め来るものに従うのが正しい姿勢 ・運気徐々に回復傾向
・頼みどころが二つあり迷うとき
・自分より下の者で、力のある者に協力を頼むとよいとき
・自分から進んでするのはうまくいかないが、相手からのものはうまくいく
・はじめ困難伴うが、努力すればかなう
3爻 20点 ・迷い込んでしまっているので、深追いは禁物
・見切りをつけたり、思い違いに気づく必要がある
・衰運の時
・欲や見栄のために間違ったことをしやすいとき
・自力で解決がつかないので、目上でも目下でも賢者に救いを求めるとき
・損を取り戻そうとして損失を大きくするとき
・成功体験忘れ、窮乏に陥らんとしているとき
・類焼に遭うことがあり注意
・勘違いでかなわない
2爻 20点 ・気持ちが定まらず迷いの心があるが、節度を守って待つが良い ・衰運の時
・短気を起こさず、忍耐し時の来るのを待つとき
・近親者の無理難題に困るとき
・求婚されても返事はしないほうがよいとき
・総じて時の至るを待った方がよいとき
・雑用に追われて本来の目的に専念できないとき
・妨害があってすぐにはかなわない
・時間がかかる
初爻 20点 ・その旨とするところは正しいが、時期が来ていないので、みだりに動けば身動きがとれなくなる ・衰運のとき
・急いですることはすべて失敗に終わるので、辛抱した方がよいとき
・いろいろ苦労あるが、正道を守って動かないとき
・有利に見えるようなものでも、その気になって動けば失敗する
・水難あり、水に関することは一切中止した方がよい
・人命に関わる
・時期を待てばかなう
・有利に見えて難しい
出典:易(本田濟)、易入門(黄小娥)、易の効用(高木彬光)、開運易占い(駒村彗瓊)

Toruトップ