Toruトップ  陰陽五行のトップ  大成卦のトップ

4 蒙(もう) 山水蒙(さんすいもう)

  
   
蒙。おろかな者。啓蒙、教育。
蒙。亨。匪我求童蒙。童蒙(來)求我。初筮告(※牛に口)。再三瀆。瀆則不告。利貞。
蒙は、亨る。我童蒙を求るにあらず。童蒙来たりて我に求む。初筮は告ぐ。再三すれば瀆(けが)る。瀆るれば告けず。貞しきに利あり。

【黄小娥 易入門】

 暗い家に住む子供。

 「蒙」は、若すぎるとか、見定めがたいぼんやりしたという意味です。また「蒙」の字をごらんになればわかりますように、草かんむりに家です。縄文時代にあった地に穴を掘り、柱を立て、茅などで屋根を地面までもってきた、昔の家の形です。薄暗い中で、両親が小さな子供を育てているところです。
 だから、この卦には、見定めがたいとか、若い、児童、これから伸びる人、という意味があります。なお「啓蒙」という言葉は、教育でその無知をひらくという意味ですが、もとはこの「易経」からでているのです。
 ところで、「易経」の真価を認めている者は、けっして東洋人だけではありません。たとえば、ヘルマン・ヘッセは「ガラス玉遊戯」の中で、「易経」を「人間最高の知恵」と呼んでいるのです。その中で「蒙」について触れています。
 ヨーゼフ・クネヒトという青年が竹林の隠者の庵をたずねて、弟子になりたいと頼んだとき、隠者は彼にたずねます。
「君はここにとどまっている限り、従順を旨とし、鯉のように静かに身を持する覚悟があるか」
「あります」とクネヒトが答えると、隠者は
「よろしい。では筮竹をもって神託をうかがおう」といって、占いをはじめます。
「これは『蒙』。青年の愚かさをあらわす卦だ。上は山、下は水、山の下に泉の湧くのは青年の例えだ。
   青年の愚かさは成就する。
   私が若い愚か者を求めるのではなく、
   若い愚かさがわたしを求めるのだ、
   最初の神託で私は教示する
   彼が再三尋ねるならわたしは煩わしい。煩わしければ、渡しは教示を与えない
   辛抱強くしてこと進歩する。」
 これはドイツ文の直訳ですが、「蒙」という卦の原文はこうなっています。

 蒙は亨る。
 われ童蒙に求むるにあらず。
 童蒙のわれに求む。
 初筮は告ぐ。
 再三すれば瀆る。瀆るればすなわち告げず。貞に利し。

 ヘッセのドイツ文は、よく『易経』の原文の意味を伝えています。クネヒトは、それから隠者に入門を許され、数か月竹林にとどまって、『易経』の六十四卦の書き写し、暗記します。それから古い注釈書を読み、一人の悟りを開いていくのです。
 さて、この「蒙」の卦の運気は、はじめあまりよくありませんが、努力次第であとへ行くほど好転してきます。ただ、濃い霧の中を手探りで歩くようなものですから、いつ、何に躓くかわかりません。できるだけ身辺を整理して身軽になっているほうがいいのです。
 事業関係では、内部関係が暗く、困難をはらんでいることが多いときです。若い方は前途おおいに有望ですが、あまり、今暴走すると、正面衝突の危険があります。
 目先のことでは、見当はずれが多く、身の回り、日常のことでも、かなりあいまいな、わけのわからない出費があるでしょう。結婚は、今は決められません。まず見送ったほうが無難でしょう。この卦の場合、男性もあまり当たりが暗いので、誰かを頼りたいときです。だから、普通の結婚ではうまくいきませんが、いいパトロンでも見つければうまくいきます。
 ただ、学問研究に関係のある人に、この卦が出たら、男女ともに大吉です。将来はかならず大物になれるでしょう。
 また、たとえば、物をなくした場合、見つかりやすいところに置き忘れたときには、すぐに見つかるという卦が出るものです。盗まれたり、落としたりしたときには、長い間、見つからないという卦がでるものです。ただ、想像もしないようなところに、紛れ込んだような場合には、よくこの「蒙」がでるのです。

 私は、貴重な占例をメモしておく、ノートを持っています。あるとき、来客があり、そのノートを片付けました。どうやら、たくさんのノートや本の間に入れてしまったようです。あとで必要になり、いくら捜しても見つかりません。
 そこで卦を立てると「蒙」が出たのです。これは、今捜しても発見できないことです。大掃除のときにでも、見つかるのではないでしょうか。
  
 

 【高木彬光 易の効用】

  易占の場合、同じ問題に対して、二度三度も続けて占って、それで同じ解答が得られるものですか---というのは、私のよく浴びせられる質問だが、それに対する解答は、ちゃんとこの卦の説明のなかにでてくる。
 「蒙は、亨る。我童蒙を求むるにあらず。童蒙我に求む。初筮は告ぐ。再三すれば瀆(けが)る。瀆れば即ち告けず。貞に利し。」
 蒙---というのは、山に霧がかかって、見通しのきかない状態と解釈してもよい。人間でいえば、まだ子供で智慧の発達していない状態、国でいうなら未開野蠻の状態である。
 蒙古という名前も、むかしの中国人が、侮蔑の意味を込めて呼んだ言葉ではないかと私は考えている。
 人が占いというものに頼りたくなる心境も、これにたとえていいだろう。
 そのような場合、最初に出てくる解答がが一番正しく、二度三度やり直しては、正しい解答は得られないというのである。
 占いを離れても「第一印象」という言葉もある。熟慮断行という言葉もあるが、人生という戦場では、それぞれが往々、熟慮不断行に落って、あたらチャンスを逸することも決して珍しくはないことなのだ。昔の名称が「一慮断行」という言葉を尊んだのは、ここに真意があるだろう。
 
 初爻の言葉には、「蒙を発す。用いて人を刑するに利し。用いて桎梏を説く。以て往けば吝」と書いてある。
 相手が愚昧そのもののような存在では、刑罰というものを定めて、悪事を行わせないようにするしかないという思想なのだ。桎梏というのはいましめだが、刑罰そのものは手段であって、決して本来の目的ではないのだから、これを用いるのに度を過ごすと、かえって相手の反感を買うということである。
 
 二爻には、「蒙を包(い)るに吉。婦を納(い)るに吉。子家を克(よ)くす」と書いてある。
 これは「女子と小人は養い難し」という言葉に対応するといってもよい。ご婦人の読者はこの言葉に腹をお立てになるかもしれないが。これは私の創作ではなく、孔子の言葉である。相手は、幼い弟なり妹なりのようなものだと思って、長男の気持ちで教え導けば、次第にわかってくれるという状態である。

 三爻は、「女を取るに用いる勿れ。金夫を見て躬(み)を有せず。利(よろ)しき攸(ところ)无(な)し」と書いてある。
 これは説明するまでもないくらいのもので、、たとえば「金色夜叉」の中の、ダイヤに眼のくらんだお宮のような相手なのだ。すっぱりあきらめた方がよいので、何もあなたが間寛一のように復習の鬼と化し、黄金の亡者となる必要はないのである。あいつと結婚したところで、結局うまくいかないだろう。こっちはもっといい相手を探そうと考え直すほうがはるかに利口であるlこれは男でも女でも同じことなのだ。

 四爻は「蒙に苦しむ。吝」と書いてある。
 これはまったく困った状態で、理屈で説得しても聞こうとせず、医者や薬の効能もない、不良少年のような段階なのである。自分を占って、こんな卦が出たならば、反省三省すべきである。かりに、今は人も「若気のあやまちだ」くらいに思ってくれたとしても、このままの状態では、次第に人が相手にしてくれなくなることは必定である。
 
 五爻は「童蒙は吉」と書いてある。
 これは例えば、まだ年も行かないうちに、父親に死なれて、家を継いだ長男のような状態と解釈すればよい。自分はまだ未熟者で---と口先だけではなく、心から思って、先輩友人部下などの忠言をたえず聞き入れ、慎重な行動を続けながら、自分の修養完成に努力すべきだという状態なのだ。

 上爻は「蒙を撃つ。寇(あだ)を為すに利(よろ)しからず。寇を禦(ふせ)ぐに利し」と書いてある。
 これは、天下にあいつぐらい、馬鹿な人間がいるだろうかと、頭から湯気を出してかんかんに怒っているような状態なのだ。といって、こっちが相手を責め立てると「馬鹿ほどこわいものはない」で、こっちが逆恨みされるから、「馬鹿と鋏は使いようで切れる」という諺を思い出して、ゆっくりと、事にあたるべきだというわけである。
 

 【駒村慧瓊 開運易占い】

 啓蒙。
 教育をする。
 
 山裾に水流れ霧が立ち込め、周りが見えない。
 「蒙」は、暗く、啓蒙の道を言う。
 童、道理に暗く、知恵が足りず、教育が必要。
 最初はおぼつかないが、正道を歩めば見通しは明るい。
 はじめ細い流れも、末は大河となる。
 よき指導者を得て、自分を磨いていくとよい。
点数 気運 運気 願望
上爻 40 ・わかってもいないのに、思い上がってはいけない
・見通しが立たないときなので、すべてに自制が必要となっている
・運気渋滞気味
・何事も始末を早くつけるとき
・濃霧で先が見えないときゆえ、万事自制が必要
・焦り生じるが、守りや固めはしっかりするとき
・隠居の身、出しゃばらず言い過ぎず、干渉しすぎずのとき
・厳しすぎ人から恨みを買うとき
・忠告は言い過ぎると敵をつくとき
・結果を急いで失敗することあり、すこしずつ進め
5爻 70 ・焦ってはいけない
・自己の考えを優先しないで、人に従ったほうがよい結果となる
・艱難辛苦から解放の時
・見栄などはらず、天真爛漫、無垢な態度でいけばかえって成功する
・目上の知恵ある者やプロの意見に従い、下の者の意見も取り入れるとよいとき
・よき指導者に恵まれ、伸びていく喜びごとのあるとき
・かなう
・長たる地位につくとき
・指導者になるとよい
4爻 20 ・孤独はよくない
・自分を指導し、助けになってくれる人を探すとよい
・衰運の時
・どちらが無知なのか、話に理解を得られないとき
・頑固で自業自得の困難を招くとき
・人の忠告を聞き入れず、賢者に教えを請わねばならないとき
・愚鈍ゆえに他から退けられたりするとき
・かなわない
・孤立無援状態がある
3爻 20 ・無節操で身を破りがちゆえ、心をしっかりもって身を守ること ・衰運の時
・自分に寄り来るものは皆不正の者なるとき
・欲望に対し、無節操となり災いを招くとき
・物欲のみに流れる者多いとき
・実力以上を望めば災難が及ぶ
・盗難、水難注意
・気持ちがしっかりしていないので、かなわない
・無理をすれば災難が降りかかる
2爻 70 ・だんだんとよくなっていくのでもう少し辛抱すると信用もつく ・だんだんと盛運となるとき
・自分の徳に人が集まっているとき
・順調を旨として進めば吉に至るとき
・指導的立場の人や教職にある人によいとき
・人を包容し導くとよいとき
・団体の長たるによいとき
・支配する側に立って吉なるとき
・かなう
・長たる地位につくとき
・指導者になるとよい
初爻 20 ・現状打開のためには厳しい態度で臨むのがよい
・はじめが肝心
・衰運の時
・蒙昧な(物事の道理がわからない)ため無意識に罪を犯し、罰を受けることがあるとき
・むやみに進めばか必ず失敗するとき
・反省心がないので、これを指導しなければならない。
・周知のためにかなわない
・無理をすれば災難が降りかかる
出典:易(本田濟)、易入門(黄小娥)、易の効用(高木彬光)、開運易占い(駒村彗瓊)

Toruトップ