Toruトップ  陰陽五行のトップ  大成卦のトップ

5 需(じゅ) 水天需(水天需)

  
   
需。躊躇、期待。
需有孚。光亨。貞吉。利渉大川。
需は孚(まこと)あれば、光(おお)いに亨る。貞なれば吉なり。大川を渉るに利あり。

【黄小娥 易入門】

 「需」とは待つということです。生活を続けながら、ゆったりとした気持ちで時を待つことです。実力はあるのですから、その力を発揮できるチャンスを待つことです。
 この卦は、形をご覧になればわかるように、ただ待つのとは少し違います。上の卦に水があります。大きな川のむこう岸に、あなたの望む希望や目的があることです。どうしてもあなたはそれを手に入れたいと思っています。それには、川の水が凍結する時期を待つか、浅瀬を捜すか、または水量の少ない時期を選ぶか、渡し船の来るのを待つかしなければ渡ることができません。どんなことがあっても、けっして決して急流に飛び込むような、危険な行動に出てはいけません。「需」とは、こんな状態の時をいうのです。
 また「果報は寝て待て」という諺がありますが、この卦はただ昼寝をして、遊び暮らしていればよいという意味ではなく、ゆっくり休養をとって、心身の鋭気を養い、元気いっぱいに次の仕事にかかれば、成功も大きいという意味です。
 ですから、急いでいる願い事は、すぐ思い通りにはいきません。交渉も、これまで長く時間をかけたものならば、まとまる時期が近づいたといえるでしょう。結婚もあまりいいとはいえません。相手の気持ちがうやむやだったり、目的が二つあったり、生活とか、又はほかの候補者とか、そういうほかの対象に心が動いているときですから、男女ともに自分からはあまり積極的に動かないで、次の機会をお待ちになった方がよいでしょう。

 昭和35年、アイゼンハワーの再度の来日計画は、結局中止になりましたが、最初に、その来日が問題になったのは、昭和34年の冬でした。そのとき、私はある新聞記者に「アイクははてして来るか」と尋ねられて、占った結果、この易が出ました。それで「アイクは来ない」と断定しました。
 しかし、その来日計画は次第に進められたことは皆さんもご存じでしょう。昭和35年の3月、その日程までほとんど決定しかけたころ、その記者は、また、私のところへやってきて、「先生、今度は先生の占いははずれましたね。アイクの訪日は決定しましたよ」というのです。「そうかしら」といって、私は占って、またまた不思議なことにこの「需」を得ました。
 「これはアイクに天が時を与えないという意味です。待つ、危険を見てとどまる、という意味ですから、アイクは来ません」。
 しかし、政府や外務省では、当然のことでが、どんどん準備を進めました。この記者は到着予定の数日前にやってきて、「今度こそ、先生の負けですね。今飛行場へ行って警官隊の護衛の予行演習を見てきたところです」と大いばりで言うのです。その時には、私も今度はしくじったかなと思いましたが、易占いを信じて、私は言いました。
 「たとえ、あなたが予行演習を見てきても、外務省がどんな準備を進めていても、私はアイクは来ないと信じますね。アイクの方が危険を感じて思いとどまるでしょう」。
 その結果は、ご承知のとおりでした。
 
 

 【高木彬光 易の効用】


 需という字は「待つ」という意味である。古い本には「密雲雨ふらずの象、雪中梅ほころぶの意」と書いてある。デューマの傑作「モンテクリスト」の最後の言葉を借りるなら「待て、しかして希望せよ」という状態なのだ。この説明に、
「孚(まこと)あれば、光亨る。貞吉。大川を渉るに利し」と書いてあるのは、正しくモンテクリストである。
 
 初爻には、「郊に需(ま)つ、恒を用うるに利し。咎(とがめ)无(な)し」と書いてある。
 郊とは、郊外などという言葉もあるとおり、偏鄙な土地で、たとえば洪水のある河からいくらか離れたところに逗留して、水のひくのを待っているような感じである。むかしの日本でも、たとえば大井川とか、天竜川とかが降雨のために水かさが増すと、川どめになって、旅人が両岸の宿場で足どめにされることがよくあった。それと同じような状態だが、これが何日も続くと人間はどうしても退屈して来る。日本の場合、そういうカモをねらって、賭碁や賭将棋などで、懐の金塊をまきあげようとした人間もよくいたらしい。災難はいま直接身にせまるというわけではないが、こういう形で、別の思いがけない災にぶつかることもあるのだから、十分注意して、普段どおりの生活を続けていけという教えである。

 二爻は「沙に需(ま)つ。少しく言有り。終に吉」と書いてある。
 沙とはいくらか水に近い地だが、三爻の「泥」と違っ、まだ水際というほどではない。それでも、いくらか危険に近づいたのだから、多少の難ままぬがれない。例えば川越人足に物言いをつけられたようなもので、それが「少しく言有り」だが、自分を固く守って動じなければ、そういう小難はすぐ去ってしまうということである。

 三爻は「泥に需つ。寇の至るを致す」と書いてある。
 これはいよいよ水際で、身が危くなった状態なのだ。危険を悟らず進みすぎ、泥の中へ足を踏み込んで、抜き差しならなくなった形と解釈してよい。情熱がその方向なりタイミングを誤ったのである。戦争ならばこういうときにたたかれては、こっちの応戦ができないのだから、敗北は必然の運命である。とにかく、安全な場所まで戻って、体制をかためなおす心得が必要なのだ。

 四爻は「地に需つ。穴より出ず」といっている。
 泥の中でもがいているところを敵に襲われ、切りつけられて散々に出血し、穴の中に逃げ込んで、辛うじて命だけはとりとめたという状態である。あわてて飛び出すと、今度は命とりになるが、じっと時を待っていれば、救いの手が伸びてきて、九死の危地から逃れられるという意味なのだ。石橋山の合戦で大敗した源頼朝が大木の空洞の中に逃げ込んで、平家の捜索隊を迎えたようなもので、運を天にまかせてじっとしていたために、梶原景時苦心の腹芸に救われたようなものである。
 
 五爻は「酒食に需(ま)つ。貞吉」と書いてある。
 易経にはよく「貞吉」という言葉が出てくるが、これは「自分の本分を守って動かなければ吉」という意味に解釈していいだろう。
 これは、勢いのほうからいうなら、一応自前のの危機を脱して一息ついた形なのだ。部下にも酒食を与え、自分も宴に加わって、労をねぎらっているような状態である。例えば、源頼朝が石橋山から海路、下総の国まで逃れて、やれやれと一息つきながら、再挙の方針を心中に練っているような状態である。「用心棒」という映画でいうなら、主人公椿三十郎が、お堂の中で出刃打ちの稽古をしているようなもので、積極的に出ていくには、まだまだ気運が熟さないのである。
 
 上爻は「穴に入る。速(まね)かざるの客三人来る。之を敬すれば終に吉」と書いてある。
 一難去ってまた一難、一度逃れたはずの穴にもう一度落ちたところへ、来てもらいたくない借金取りのような相手が三人もそろってやって来たという感じである。何が何でもあやまり奉って、危険をのがれるほかはないだろう。こんな状態では、一人とケンカしても負けるのが当たりまえなのに、まして三人も向こうにまわして勝てるものか。
 大変乱暴な表現のようだが、渡しは易経を読んで、この部分に来ると、自然に涙が出てくる。

 明治の易聖といわれた、呑象、高島嘉右衛門の娘は、明治の元勲、伊藤博文の息子と結婚していた。
 そして、日清戦争当時の総理大臣は、この伊藤博文だった。歴史的大政治家である博文は、大東亜戦争当時の白痴的指導者たちとは、ぜんぜん人物の大きさが違っていて、開戦当時から、どうして戦争を終結すべきかという大問題には、日夜心胆をくだいていたのだった。こういう関係から高島嘉右衛門の彼のブレイン・トラストの一員となっていたのだが、この戦争の終戦当時、嘉右衛門が、日本の前途を占って得たといわれる歴史的占断が、実にこの卦だったのだ。
 伊藤首相の危惧はたちまち事実となった。独露仏三国が今まで隠していた牙をあらわして、日本に強圧を加えてきた。いわゆる「三国干渉」の国家的危機が到来したのである。
 伊藤博文は、この卦の啓示に基づいて、たちまち人が変わったような軟弱政策に転向した。
 講和条件では、最大限の譲歩を行い、最初は日本のものになるはずだった遼東半島、大連、旅順を露西亜の永久的な租借地とされることにさえ、あえて眼をとじたのである。
 「隠忍自重、臥薪嘗胆」
 これは、彼がそのとき、全国民に与えたスローガンだが、この十年の自重が、日露戦争の大戦果を生ずるようになったのだ。
 そして、日本海海戦で、彼が元老として、終戦の大英断を下したのも、政治家としては実に優れた大局観である。その時の講和条件も、当時は軟弱の極と国民に罵倒された。
 だが、その判断の正しかったことは、歴史によって証明された。彼はその後、ハルビン駅頭において暗殺されるまで、日本を絶えず最善の方向へリードし続けたのである。
 これを国家の柱石といわずに何というだろう。彼の眼中にあるものは、百万人の反対者ではなく、ただ国家そのものだった。
 そして、博文にこのような最善の道を選ばせた理由の一つが、易聖といわれた高島嘉右衛門の数々の名占だったことは、二人の関係を考えるなら、誰にも否定できないだろう。
 私はあえて繰り返す。太平洋戦争開戦当時の指導者たちは、どうしても高島嘉右衛門とはいわないまでも、伊藤博文、三国干渉当時の史実を心に思い起こさなかったのだろう。 
 当時、東条英機という日本近代史最悪の首相が、陸相時代、日米交渉反対の理由として掲げた口実は、自分はこの条件を呑むようでは、軍の統制に自信が持てない・・・という強迫的な言葉であった。
 これを伊藤博文が、日露の講和条約に出発する外相、小村寿太郎に呈した言葉と比べてみよう。
 「君を今日、万歳の声とともに、送り出す民衆は、おそらく君の帰朝の日、石を投げてこれを迎えるだろう。あるいはさらに、それ以上の暴挙に出ないともかぎらない。その際、僕と桂君(日露戦争当時の首相、桂太郎公爵)は、君の両脇に坐して、君の身を護ろう」
 もし、昭和16年当時、日本が米英の強硬政策に屈服したとしよう。あるいは最悪の場合には、2.26事件のように、血なまぐさい内乱的な事件が勃発したかもしれない。
 だが、その犠牲は、数十人か数百人か、おそらく万に達しなかっただろう。いわゆる支那事変の犠牲者二十数万にこれを加えても、数字にそれほどの差が現れたとは考えられない。
 それに対して、太平洋戦争による日本人の犠牲者は、軍人軍属だけでも二百数十万である。領土の喪失はいうまでもない。本土さえ大半は焼土と化し、全国民は死ぬような苦しみを味わった。
 この二つの歴史的事実を、じっくりと吟味なさるなら、三千年の長い間、中国において「易は王道なり、帝王の学なり」といわれて尊ばれた来た所以も、おそらく納得されるのではないだろうか。
 
待機。
雨を待つ。

天上にある水が雨となり、降るのを待つ。
今はまだ働きをなし得るときではない。
身を養いながら余裕の態度で待つ。
時期を待つのだが、のんびり待つのではなく、
待望を抱きつつ、辛抱して待つ。
陰忍自重して目的を達成するとよい。
先祖を祀りながら英気を養うこともよい。
点数 気運 運気 願望・希望・望み
6爻 50点 ・思いがけない外からの働きかけで運気が動くとき
・柔軟に対応して吉をつかむとよい
・他動的吉
・意外な形で運気が動くとき
・思わぬ援助者が現れ、よい結果得るとき
・3人の説取り入れ、難問解決のとき
・無理難題を吹きかけられも争ってはダメなとき
・女性に溺れ、失敗するとき
・家人から信用得るとき
・栄転あるとき
・古いものはかなう
・新規のことはかなわない
・自ら動かず他の力を借りるとよい
5爻 70点 ・無理せずとも、自然に事がなるときだが、満腹は心に緩みが出る ・運気上昇中
・諸事打開しチャンスを得るとき
・今までうまくいかなかったものがうまくいくとき
・立派な人と親しくし協力すれば、成功あるとき
・享楽におぼれたり棚ボタ式を願ってはダメなとき
・宴会などあるとき
・思うようにいかなかったものが自然とかなう
4爻 20点 ・運気非常に悪く、悪事続出だが、力ある者に助けを求めれば、救いの道はある ・非常なる衰運
・真に運気悪い極みにあるが、目上の援助で一時的に難を逃れることができるとき
・争いごとを慎まなければ障害を受けるとき
・積極的になりがちだが、それは大敗をするので注意
・時期的に発信すれば問題起きるとき
・急進してはならず、退守に限るとき
・積極性を持つものはかないにくい
・現状打開のために上の者に相談する者はかなう
3爻 20点 ・進みたくてしょうがないときだが、進めば思わぬ災難が待ち受けているので、強い戒めと警戒を必要としている気短ではよいことがない ・衰運の時
・運気が悪く、何事にも注意をするとき
・何かに妨げられ、思うに任せないとき
・自分の力を知ってとどまることが防衛策のとき
・急ぎ進めば災いを被ることになるとき
・水難に注意
・災いは外にあるので、要らぬところには出かけぬほうがよいとき
・時期が来ていず、急進すれば災い招く
2爻 40点 ・自ら問題を起こすようなことをしてはならない
・問題はあわてずに時の解決を待つこと
・運気渋滞気味
・すべて退いて守るという気持ちが大事なとき
・行けば前途に障害あるとき
・紙一重で災難免れることがあるとき
・気持ちをゆったりと持つとよい
・今までのごたつき収まるとき
・身の回りに災難発生しやすいとき
・争論は避けるべきとき
・何とかしようとすれば、かえって逆効果
・時期を待つ方が良い
初爻 40点 ・ややもすれば動こうとするが、時期尚早なので、常態を変えない方がよい ・運気渋滞気味
・まだそのときはない
・時期が来ていないので、進めば災いあるとき
・障害があり、新しいものはすべて不利な時
・旧状を守り、新規ごとに手を出してはいけない
・・
・かなわない
・時期を待ったほうがよい
・初心を捨てないこと大事
出典:易(本田濟)、易入門(黄小娥)、易の効用(高木彬光)、開運易占い(駒村彗瓊)

Toruトップ