Toruトップ  陰陽五行のトップ  大成卦のトップ

6 訟(しょう) 天水訟(てんすいしょう)

  
   
訟。争論、訴訟。
訟。有孚窒。惕中吉。終凶。利見大人。不利渉大川。
訟は孚(まこと)有りて窒(ふさ)がる。惕(おそ)れて中(ちゅう)しれば吉。終えんとすれば凶。大人を見に利あり。大川を渉るに利あらず。

【黄小娥 易入門】

 裁きの庭(天水訟)
 「訟」とは訴える、争う、裁判という意味です。こういうときには、どんなに自分が理があると思っても、あくまで自我自説を通そうとしては、かえって相手を怒らさせ、不利な結果をまねくことになります。また、相手を攻めすぎてもいけないし、争っても益はありません。天命、時運がまだ来ていませんから、相手を窮地に追い込むような行動は思いとどまるべきです。
 まえの「需」は待機していることでしたが、この「訟」では、おたがいに意見が完全に異なって、おのおのの意見に共通点がないため、和を求められないときです。たとえば、会社でも、上役が自分の意見を聞いてくれないので、内心面白くないときにあたっています。
 また、あなたが正しい理由で、相手を訴えても、この訴訟にすぐ勝てるとはいえません。なぜなら、立場的に恵まれず、決め手となる大切な証拠が不十分なのです。離婚訴訟などでも、あなたが300万円要求したとしても、決して聞き入れられません。3分の1の100万円でももらえれば、それで成功なのです。
 それでは、この卦が出た場合には、どうすればよいでしょうか。
 こんなときには、自分の気持ちをがらりと180度変えてしまうのです。思いやりと、暖かい気持ちで、人と協調する態度が、あなたを成功に導くことになります。これが、この卦を得た時の処世法です。この心掛けを忘れると、あなたは泥沼にはまりこんで、ぬきさしならないことになるでしょう。
 心すべきは、あなたの運気が、いま衰えているという事実を正視することです。
 結婚にも、もちろん、いい結果は生じません。縁談としてはまとまらないときです。ただ、恋愛がかなり進行していて、どうしても、別れられないような場合には、だれか目上の人に相談して、進退を決めた方がよいでしょう。
 あなたが女性ならば、この卦を得た時には、父親と恋人の思想生活が違っていて、板挟みになることが多いのです。この卦は、特殊技能、たとえばオペレーターとか、芸道の師匠とか、そういう方面についている人ならば、一応いい卦です。男性は自分が主導権をもつ独立独歩の職業、たとえば弁護士とか、外科医などにはよい卦なのです。

 これは昭和35年の10月1日のことです。ある週刊誌で読売ジャイアンツの監督、水原茂さん(慶應義塾大学卒業後、昭和11年のプロ野球発足と同時に巨人に入団。24年からは監督に就任する。35年に退任するまでの11年間で8回ものリーグ優勝を達成。新人の長嶋と王を発掘してON時代の基礎も築いた。51年殿堂入り)を占ったとき、この卦がでました。
 「訟」はすでに説明したとおり、内部で意見の対立があるときです。
 「水原監督の主張が通らないようになっています。時運にも立場的にも恵まれないときなのです。また訴えに勝てないというのですから、ジャイアンツにこのまま長くとどまっていられないということです。どうしても年度がわりには、ほかの球団に移ることになりますね。」と私は書きました。翌年、つまり、36年に、彼は東映(現:北海道日本ハムファイターズ)に移り、それによって、南海(現・福岡ダイエーホークス)と優勝を争うチームを作りました。 
 

 【高木彬光 易の効用】


 訟とは、訴訟という言葉もあるように、訴え、争いのイメージの意味である。
「訟は孚(まこと)有りて窒(ふさ)がる。惕(おそ)れて中(ちゅう)しれば吉。終れば凶。大人を見に利し。大川を渉るに利しからず。」と説明してある。 
 水という卦には、艱難という意味があり、天という卦には、剛健という意味があることは前に述べた。また、対人関係を見るとき、内卦を自分とし、外卦を相手とみることもすでに述べている。
 こういう形から判断しても、こっちは困ってさかんに苦情を申し立てるのに、相手が頑固そのもの、こっちのいうことはぜんぜん聞いてくれない状態だと推定できる。これが「孚(まこと)有りて窒(ふさ)がる」なので、時と勢いんおおもむくところ、訴訟となるのもやむを得ない。
 しかし、こういう方法が、現在の社会においても望ましくないものだということは、誰にでもわかるだろう。民事訴訟にしたところで、たいていの事件は何年もかかるし、費用倒れになることも多いのだ。良心的な弁護士なら、途中で示談をすすめるだろう。これが「惕(おそ)れて中(ちゅう)しれば吉。終れば凶。大人を見に利し。大川を渉るに利しからず。」の意味なのである。
 これを一般の運勢と考えても、たがいに争いあって風当りの強い状態だから、大事を成し遂げることは思いもよらない。「大川を渉るに利しからず。」とは、そのいましめなのである。

 初爻には、「事とする所を永くせず。少し言有り。終に吉」と書いてある。
これは多少のいざこざがあっても、争わないで、あきらめてしまえ---ということである。くだいていうなら「負けるが勝ち」といってもよい。
 
 二爻は「訟を克(よ)くせず、帰りて逋(のが)る。其の邑人三人百戸禍无し」と書いてある。
 これはちょと封建的な表現だが、昔の百姓一揆のようなものである。現代にたとえるならば、会社のストライキというところだろうか。
 この卦が出たら、組合側にまず勝ち目はないものとみてよい。はやく、先導的な主謀者を追い出して、組合員全体の利益をはかれという教えなのだ。これにそむくと、争議が長引いて、会社がつぶれ、社員全体が職を失うというような結果になりかねない。

 三爻には「舊(きゅう)徳を食む。貞しけれども厲(あやう)し。終に吉。或は王事に従いて成す无し」と説いている。
 ストライキはやりたくなかったが、自分一人で第二組合を作るわけにいかないから、やむを得ず参加したけれども、それがいちおう解決して、もとの戦場に復帰し、やれやれと一息ついている感じなのだ。「貞しけれども厲うし」というのは、ストライキはやるべきでないという自分の新年を貫こうとするのは立派な態度だし、また最後にはそういう結果になるかれども、現在の一時的な情勢として、その信念を貫き通すことは危険だということである。私なりの表現では、情熱を一時ストップさせて、勢いに従うことである。

 四爻には「訟を克(よ)くせず。復(かえ)りて命に即(つ)き、渝(か)えて貞に安んずれば吉」と説いている。 
 このばあいも、訴えを起こそうという気持ちはある。初爻の時には、そう思ってもそれだけの力がないのだが、四爻になると、力が備わっているから、やろうと思えば何とかやれないこともないのである。
 しかし、易経はこの場合、断乎として、その企ての中止を命ずる。その理由は、運命の勢いというものが味方しないからなのだ。
 
 五爻には「訟えて元吉(おおいにきち)」と書いてある。
 民事訴訟が成功するのは、ただこの卦、この爻を得た時だけだといってもよいくらいである。名裁判官、名弁護士に、期せずしてめぐりあうような珍しいケースなのだ。
 ほかの場合でも、自分の今まで達せられなかった希望が誰か有力者の援助によって達せられ、愁眉を開けるきだと思ってよい。
 
 上爻は「或はこれに鞶帯(はんたい)を錫(たま)う。終朝三たび之を褫(うば)わる」と説いてある。
 鞶帯とは、古代中国の正服につける飾りの革帯である。これを賜わったということは、訴えに勝ち、ある地位を得たと解釈していいだろう。
 しかし、この爻を得た時は、正道をふみ、正義を貫いての勝利ではない。間もなく、中途のトリックがばれ、不正が明らかになって、その栄誉も奪われるということになのである。

 【黄小娥 易入門】

訴訟
訴える

天は昇り、、水は低きへ流れる性質があり、互いに乖離していく。
我意を貫こうとすると争いになる。
訴えが起こり、訴訟事が起きる。
平行線を保ってお互いに争う。
争いは不利、片意地を捨て本来に戻って考えよう。
正しき(公正な)人の意見を聞くとよい。
点数 気運 運気 願望・希望・望み
6爻 10 ・無理してもうまくいかず維持が難しい
・必ずしも立派なことではない
・運気凶の仕事
・苦労しても効果ないとき
・吉凶入り交っているとき
・無理して勝っても恨みを買い、信用落とすとき
・儲かったと思えば存するとき
・言い負かそうとしても信用は落ちるとき
・人を騙そうとしたり、ずるしようとして、かえって恥をかくとき
・一時かなうがダメになる
5爻 90 ・ようやく決着がつき、煩わしさが除かれ、運気が向いてきた。 ・運気盛大な時
・抑圧や煩わしさが解消されるとき
・医師が大いに通るとき
・訴えごとに勝利するとき
・長い間の問題が片付くとき
・苦難に耐えた問題が解決し、かなう
4爻 40 ・こころ動かされやすいときだが、冷静になって一から考え直したり出直すとよい ・運気渋滞の時
・旧情を守って平安を保つとき
・訴訟事を起こそうと思っても、やめるべきとき
・相手が心変わりして態度を改めることがある
・転職や転業は中止した方がよい
・かなわない
・一から考え直すほうがよい
3爻 40 ・平常心を持ち、自分のペースを守っていれば、必ずよい結果となる
・目上に従うとよい
・運気渋滞の時
・道を守るとき
・人にそそのかれて妄動すると、大失敗するとき
・自分から何かしようとすれば、うまくいかないとき
・難病に注意するとき
・神仏を祀るのによいとき
・かなわない
・復帰することはかなう
・冷静さ必要
2爻 10 ・争う気持ちが強いが、中途挫折になるので控えたほうがよい
・失敗してからでは遅い
・凶なる運気
・忍の一字で事を納めるとき
・やむを得ないときは、目上の賢者の仲介で解決するとよい
・好んで訴訟を起こすことがある
・上と下の意見合わないとき
・剛情のため人から非難されたり、災いを招くことがあるとき
・出しゃばらず、引っ込んでいたほうがよいとき
・かなわない
・無理しても失敗する
初爻 20 ・事は小さいので今のうちに収めたほうがよい
・小事が大事に至ってしまう恐れがある
・衰運の時
・とかく言い争いが生じやすいとき
・固執すると問題が起きる
・不良不正の人との交際は絶ったほうがよいとき
・争うことはすべて争いの元となるとき
・少々の不満が残っても、問題は長引かせないほうがよいとき
・かなわない
・別の方針を立てた方がよい
出典:易(本田濟)、易入門(黄小娥)、易の効用(高木彬光)、開運易占い(駒村彗瓊)

Toruトップ