Toruトップ  陰陽五行のトップ  天地人へ

「地界」地球のエネルギー

十二支

  地の気は地球の持つエネルギーです。地の気は十二支で現します。時計は12時間(夜と昼を陰と陽にみたてて、午前12時間、午後12時間の24時間)です。
 暦も12ヶ月です。つまり、時の刻まれるものは12進法、十二の動物になっていて、天の気の五気と地の気の十二支を掛け合わせると60になります。
 人の人生を60年と見立てて61歳になるとき、還暦といって赤いチャンチャンコを着てお祝いしますが、これは赤子に戻る、人生を一回りしたというお祝いなのです。
 地の気の十二支は誰にでも災禍を招くとされる方位の歳破、月破、日破を調べたいときに必要です。
 季節を十二割して、十二支を当てはめて、24時間を2時間ずつに分けて数えたり、年に十二支を当てはめて順に数えていったり、自然と向き合って生活していた昔の人たちに、十二支はすっかり定着していました。
 
十二支の方位・月・時間
十二支 読み 方位 時間
12月 23時〜1時
うし 1月 東北 1時〜3時
 寅 とら  2月  東北   3時〜5時
卯  う  3月  東  5時〜7時 
 辰  たつ  4月  東南  7時〜9時
 巳  み  5月  東南  9時〜11時
 午  うま  6月  南  11時〜13時
 未  ひつじ  7月  西南  13時〜15時
 申  さる  8月  西南  15時〜17時
とり 9月 西 17時〜19時
いぬ 10月 西北 19時〜21時
 亥  い  11月  西北  21時〜23時


冲(ちゅう)する関係
 名称 十二支 月  十二支
 子午の冲 12月 −−−−− 6月
 丑未の冲 1月 −−−−− 7月
 寅申の冲 2月 −−−−− 8月
 卯酉の冲 3月 −−−−− 9月
辰戌の冲  4月 −−−−− 10月
 巳亥の冲 5月 −−−−− 11月

十二支占い
 十二支で結構、性格、特徴が占える。意外と当たる。
自分の生まれた十二支を調べるとき、2月3日の節分の前までの人は、前の年の生まれとする。
(昭和のうるう年生まれは2月5日まで、平成生まれは2月4日までが前の年)

子年

昭和23・35・47・59・平成8年生まれ
 強い繁殖力を持つねずみに当てはめ、草木の根や種が地中で成長し始めるときを現す。細かく稼ぐと言われるくらい人あたりも良いので商売人にも向く。
 まめで、ややせっかちな面があるが、内面はややプライドが高く、気の小さいところがあり、自分の感情を表面に表さない。
 こまごまとした買い物も大好きなため、モノを貯えて増やす。怒ると人情味に欠けるところがあるが、すぐに相手を許せ、あまりねに持たぬため人を敵に回すことは少なく、評判は良い。
 中年期に苦労することがあるが、コツコツと貯蓄に励んで金運もあり、安泰。恋をすると大胆になり、周囲の目を気にしない。
 良い相性=丑、辰、申
 悪い相性=午

丑年

昭和24・36・48・60・平成9年生まれ
  地上波まだ厳しい寒さの中にあり、草木は地中に我慢強く待っている状態を現している。丑は硬く口を縛った紐の略字でもある。
 表面的にはおっとりと静かに構えていて、気の長い性格のように見えるが内面はちょっと短期で猜疑心が強い。そのため、人と打ち解けるのに少し時間がかかる。
 こうと思ったことは頑なほど自分の意思を通し、ゆっくりと着実に目標を達成していく。若いうちはやや苦労もあるが、我慢強い正確なので着実に平穏な人生に向かっていける。
 自分を守るために、自分勝手な人と思われがちで、人気稼業には向きにくいかも。ただ、信じた人、少な人とは長く付き合っていける人。無駄口は少なく、責任感は強い。
 良い相性=子、巳、酉
 悪い相性=未

寅年 

昭和13・25・37・49・61・平成10年生まれ 
 植物の種子がいよいよ地上に出ようとする強いエネルギーを感じさせるとき。古代の人々が一番恐れた動物の虎にたとえられた。義侠心に富み、困った人を放っておけない。親分肌イコール人の上に立ちたい人で、わがままなほど自己主張が強い。
 人に指図されることが嫌いで、自分のペースに乗ってくれることを好む。気に入らないとやっていることも途中で放り出す面も。
 逆におだてに強いということにもなり、単純に騙されてしまうことにものなりかねない。恋愛は独占欲が強く、情熱家。
 引く時を知り、進取の気性に富めば大成功も夢ではない。ただの親分肌だけを押し通すのでは、他人と争うだけとなり、せっかくの幸運も逃しかねる。
 良い相性=亥、戌、午
 悪い相性=申 

 卯年

 昭和14・26、38・50・62・平成11年生まれ
 やっと草木が地上に芽を出し、若々しく飛び跳ねている兎の姿にたとえられている。
 楽天家でのんびり屋。おっとりとした性格は、人あたりもソフトで好感をもたれる。ただ、人が良く、困ったと思っても無理をして嫌といえず、周りに振り回された結果、損をすることに、人を信用しすぎて騙されやすい。
 人を喜ばせたい一心から、心にもないことを言って大失敗に至ることもある。生来楽天家でくよくよしない。
 大胆な行動と臆病な二面性を持っているため、言葉と行動がチグハグになることもある。結果、信用をなくすことも。自分から人の好き嫌いをしないので、敵を作ることはないが、むらっ気と飽き性で永続性に欠けがある。
 良い相性=戌、亥、未
 悪い相性=酉 

 辰

昭和15・27・39・51・63・平成12年生まれ 
 草木が最も勢いよく成長して繁茂する時期。動物の竜が勢いよく天に登っていく姿に例えられる。 
 向上心の旺盛な頑張り屋。自己顕示欲やプライドは高く、負けず嫌い。ともすれば、自分の意見が絶対的で、他人に意見が受け入れられないと気に入らない。
 慈悲心は強く、明確な判断力のもとに行動すれば大成功を収めるが強いものにも争いを挑む剛気な面ばかりが強調されると失敗する。
 困難にも耐え抜く根性があり、困ったときでも素直に応援を求めない。それが人の意見に耳を傾けない結果となり、誤解を招くところがある。
 猪突猛進型で、常に結果を急ぐため、運命の浮き沈みが激しい。自分の思い通りの人生になったときは頼りがいのある人物となるが、そうでないときは、人を見下すだけの気難しい人物となり、大きな開きがでる。
 良い相性=酉、子、申
 悪い相性=戌

 巳

昭和16・28・40・52・平成1・13年生まれ 
 勢いよく生長していた草木は、この時期一度止まる。しかし太陽の強い光熱で、地熱は上昇し、爬虫類は成長のための脱皮をする時期で蛇がみとして当てはめられた。
 好奇心が旺盛で、何事も知っていたい。そのくせ猜疑心が強く、簡単には人は信じないし、冷静に物事を見ている。嫌なことも嫌といわず、温順柔和にみえるが、本心が見えず対人関係で円満をかきやすい。
 我慢強く、災難にも耐える強さを持っている。見栄を張りやすく、他人の成功をねたみやすい。喧嘩をした相手をいつまでも許さないといった執念深さもある。
 蛇のウロコを小判に見立てて抜け殻を財布に入れたり、神棚に祀ったりと、巳とお金は縁があるものとされてきた。お金を残す人は多い。独占欲が強く、情熱家。好きな人が振り向いてくれるのを待つ。
 良い相性=申、酉、丑
 悪い相性=亥 

 昭和17・29・41・53・平成2・14年生まれ
 万物が繁茂、繁盛を迎え、次第のその勢いは衰えを見せ始めた様子を現す。元気な馬に例えているが、太陽の直下熱を強く受け、やがて夏至を通過し、昼の長さが短くなっていく季節。
 はっきりとした正確で細かいことにくよくよしない。行動が早く、テキパキと仕事をこなす。が、ときに早とちりになって失敗することも。元気で活発。話が好きで、おしゃべりの輪のなかにはいつも 姿がある。
 じっとしていることが嫌いで、動いているほうが調子がいい。任侠心があり、世話好きなので、人望を得られ、交際範囲も広く、気ままな面がある。せっかくの恩も仇で返されることも。怒ったときは相手と激しい口論となる時もあるが、さっぱりとした性格なので、すぐにケロッとして感情をあとに残さない。秘密主義は嫌いで、開放的。陰気なこと、グズグズとしたことは嫌い。
 良い相性=未、戌、寅
 悪い相性=子

昭和18・30・42・54・平成3・15年生まれ
 成熟していく季節を終わった草木は、実をつけて熟成し果実となる。甘味が加味される。味を付けるということで、味を略した羊を、ひつじに例えた。
 取り越し苦労が多く、迷いやすい。人柄は温和で人情味があり、人と争うおとをしない。自分の気持ちより、相手の立場や意見を尊重するあまり、優柔不断になりやすい。
 他人を意識するために、内面は苦労性で気弱。そしてときにより意外な強情さや意地を貼る面がある。慈悲心に富み、人情味も豊か。 日頃から我慢を重ねていたり、気弱なところから信心深くなり、信仰にのめり込む人も。
 きれい好きでファッションにもお金をいとわない。「羊の紙食い」という言葉は、信心や身を飾るお金を使うという意味。
 良い相性=午、卯、亥
 悪い相性=丑

昭和19・31・43・55・平成4・16年生まれ 
 十分に成熟して味をつけた草木の実は、成熟の時を迎えて引き締まり固まっていく状態を示す。猿も木に登って実を採りたくなるときに例えられ、地中でも金や好物が結晶のときを始めんとするとき。
 仲間や組織を結成するのが得意で、世渡りが上手。孤独な環境は嫌いで我慢できぬ。自分の将来性を考慮して、上司や先輩との付き合いを大事にし、可愛がられる。
 愛嬌があり、誰とでも打ち解けられるが、調子にのりやすい。人が良く世話好きで、簡単に人に利用されたり、だまされやすい。
 喜怒哀楽の激しい面もあり、口が災いし、相手を敵に回してしまう。
 忍耐や努力は嫌い。困難な壁があると簡単にあきらめて逃げてしまう面も。
 そして、一度守りに入ると抜け出しにくい。揉め事の処理や人使いが上手く、憎めない人柄で可愛がられる。
 良い相性=巳、子、辰
 悪い相性=寅 

 酉

昭和20・32・44・56・平成5・17年生まれ 
 草木の葉は紅葉し、果実は実り。収穫の時を迎えた。鶏もコツコツと草の実を拾って食べ、鶏が酉に例えられた。
 先見性に優れているが、人の意見に耳を傾けることより、自分のカンに頼りすぎるところがある。外面の温和さとは違って、内面は闘争心に燃えている。
 他人の気持ちが読めるので、上手く接していけば人望を得、意地悪になれば嫌われるという極端さを持つ。
 いい格好な面があり、手の届かない目標を掲げ、 そのわりに困難苦労を嫌う。酉年のバタバタ貧乏という言葉があるが、バタバタする割に努力が足りず、目標が大きすぎると失敗するということ。コツコツと一歩ずつ大きくしていくこと。
 良い相性=丑、巳、辰
 悪い相性=卯

戌 

昭和21・33・45・57・平成6・18年生まれ 
 収穫された果実や穀物は貯蔵されるとき。犬は鼻が利き、ここ掘れわんわんで貯蔵や落ち葉の中を狩りに出かけるなどの活躍。この季節は犬の活躍のたとえで、犬が戌に例えられた。 
 多種多芸で器用だが、社交面においては不器用。自分の気持ちを他人に伝えるのが苦手なために、誤解を受けやすい。
 人に頭を抑えられることが嫌いで、頑固で意地っ張りな面があり、親しくなるのには時間がかかる。そのため、偏屈な人と思われがち。
 他人を信用しないが、一度この人と思ったら一途に尽くしてしまう情の深さがある。
 内面は寂しがり屋で迷いが多く、信じる人の影響は大きい。相手次第では人生を狂わすことも。でも常に誰かに尽くしていたい人。真面目で正直、実直で正義感が強い反面、好きな人のためなら善悪の判断さえできぬ。頼りにさえると嫌といえない。
 良い相性=卯、午、寅
 悪い相性=辰

昭和22・34・46・58・平成7・19年生まれ
 草木の生命は終わり、次の年にはその生命をたくすために地中に種を眠らす。樹木の繁茂する山中に生息する猪も、冬は穴居となり活動を休む。そんな猪の姿に例えられた。
 向こう気が強く、独立心が旺盛。猪突猛進型で人に相談する前に行動に移す。誠実で正直。曲がったことが大嫌いで嘘の付けない人。
 困った人を放っておけない。いじめの中に加わるよりも、いじめられている人を守る。これと思ったことには、とことん凝り、のめり込んでいくが、熱しやすく冷めやすい面も。諦めたあとはサッパリしている。
 思い込んだら頑なで、他人の意見が耳に入らない。親元、郷里を離れ、引越しが多い。持続性や忍耐力の面で、やや欠ける面があり目標達成まで粘れない。
 良い相性=卯、未、寅
 悪い相性=巳
出典:九星気学入門(島村知里)

Toruトップ